So-net無料ブログ作成

狼山〈板堂峠ルート・小木屋林道ルート〉(山口市宮野上・萩市佐々並) [県央部の山]

掲示板「里山ハイカーの情報広場」で八丁越から山頂まで尾根が切り開かれたという情報を得たので、10年ぶりに歩く気になった。ルートは前と同じく板堂峠から取り付き、帰路は途中から林道へ下り小木屋へ出た。(2016.04.09)
狼山.jpeg (1,2クリックで拡大)

「国境の碑」近くの駐車場へ車を置く。東鳳翩山への縦走路登山口ともなっている。
萩往還道を上がり、国境の碑のところから山道に入り、すぐ先のササが茂る鞍部から山口と萩の市境尾根に取り付く。
P1320574取り付き.JPG往還道
P1320784国境の碑.JPG国境の碑
P1320575国境の碑説明板.JPG国境の碑説明板
P1320577掘割状.JPG掘割状の山道
P1320578鞍部・取りつき.JPGササ鞍部・取りつき

市境とは言え近年測量も入っていないようで、人が歩いた形跡のないヤブ気味の雑木尾根が続く。ところどころ山口市の赤い境界ポールがある。
最初に登りきったピークが標高550m、狼山山頂が580.7mなので、高低差があまりないピークをいくつも越えて進むことになる。
P1320581 530m・コン杭「山口市」.JPG530m・コン杭「山口市
P1320584 550m①ピーク.JPG550m①ピーク
P1320585550m②ピーク.JPG550m②ピーク
P1320586右方向樹間にショウゲン山.JPG右方向樹間にショウゲン山
P1320587550m③ピーク.JPG550m③ピーク
P1320589 530m鞍部.JPG530m鞍部
P1320590550m④ピーク.JPG550m④ピーク
P1320591雑木平坦尾根.JPG雑木平坦尾根

途中から植林が現われ、植林と接した雑木尾根が続く。植林帯も灌木や雑木が混じり、荒れたところが多い。
ヤブとなった支尾根分岐点で何箇所か方向を誤りやすいところがある。
P1320592550m⑤ピーク・林業公社赤プラ杭.JPG550m⑤ピーク・公社赤プラ杭
P1320594ヒノキ植林境・鞍部.JPGヒノキ植林境・鞍部
P1320596550m⑥・コン杭「国調」.JPG550m⑥・コン杭「国調」
P1320597倒木ヤブ・平坦尾根.JPG倒木ヤブ・平坦尾根
P1320598550m⑦.JPG550m⑦ピーク
P1320600550m⑧ピーク.JPG550m⑧ピーク
P1320601植林境・灌木ヤブ.JPG植林境・灌木ヤブ
P1320603灌木ヤブ・平坦支尾根分岐点.JPG灌木ヤブ・支尾根分岐点
P1320605雑木ヤブ尾根.JPG雑木ヤブ尾根
P1320607 510m平坦鞍部・灌木ヤブ.JPG510m鞍部・灌木ヤブ
P1320608植林境尾根・上り.JPG植林境尾根・上り
P1320609530mピーク.JPG530mピーク
P1320610灌木ヤブ・平坦尾根.JPG灌木ヤブ・平坦尾根
P1320611 520m支尾根分岐点.JPG520m支尾根分岐点
P1320613灌木ヤブ尾根・下り.JPG灌木ヤブ尾根・下り
P1320614 500m平坦鞍部.JPG500m平坦鞍部
P1320615植林境・平坦尾根.JPG植林境・平坦尾根
P1320616 500m平坦ピーク.JPG500m平坦ピーク
P1320617 490m植林境鞍部.JPG植林境鞍部
P1320618植林境・上り.JPG植林境・上り
P1320620 510m平坦ピーク①・古いプラ杭.JPG510m平坦ピーク①
P1320621倒木ヤブ.JPG倒木ヤブ
P1320622平坦尾根.JPG平坦尾根
P1320623510m平坦ピーク②・赤プラ杭「林業公社」.JPG510m平坦ピーク②
P1320624510m平坦ピーク③.JPG510m平坦ピーク③
P1320625灌木ヤブ.JPG灌木ヤブ
P1320626 510m平坦ピーク④.JPG510m平坦ピーク④
P1320627 500m植林境鞍部.JPG植林境鞍部
P1320628植林境・上り.JPG植林境・上り
P1320630 530mピーク①.JPG530mピーク①
P1320631平坦尾根.JPG平坦尾根
P1320632530mピーク②.JPG530mピーク②
P1320633灌木ヤブ.JPG灌木ヤブ
P1320634雑木平坦尾根.JPG雑木平坦尾根
P1320635 520m鞍部.JPG520m鞍部
P1320636雑木尾根・上り.JPG雑木尾根・上り
P1320638 553mピーク(東方向から).JPG553mピーク(東方向から)
P1320641灌木ヤブ.JPG灌木ヤブ
P1320642 540m支尾根分岐.JPG540m支尾根分岐
P1320643雑木ヤブ.JPG雑木ヤブ
P1320644 530m支尾根分岐.JPG530m支尾根分岐
P1320645樹間に狼山.JPG樹間に狼山
P1320647雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根

553mピークを越えた鞍部あたりからヤブがやっとおさまり、歩きやすくなる。
P1320648 490m巻き道.JPG490m巻き道
P1320649 480m鞍部.JPG480m鞍部
P1320650490m鞍部①.JPG平坦尾根
P1320651 500m平坦ピーク.JPG500m平坦ピーク
P1320653 490m鞍部②.JPG490m鞍部

500m鞍部で上長瀬からの道と出合い、560mピークで、昭和40年7月12日に発生した航空自衛隊機事故の犠牲者を弔う「殉職の碑」に出合う。機体破片も添えてある。
尾根上には「宮野財産区」の赤プラ杭が新たに設置されている。
P1320655上長瀬コース出合い.JPG上長瀬コース出合い
P1320657 510m支尾根合流点.JPG510m支尾根合流点
P1320660雑木尾根・上り.JPG雑木尾根・上り
P1320661560mピーク・殉職碑.JPG560mピーク・殉職碑
P1320666宮野財産区の測量杭.JPG宮野財産区の測量杭

市境を離れ右折すると狼山山頂へ達する。三等三角点「狼山」のある山頂からは西から南方向に展望が開ける。
P1320667植林境尾根・上り.JPG植林境尾根・上り
P1320669狼山山頂.JPG狼山山頂
P1320670ショウゲン山.JPGショウゲン山
P1320671鼓ヶ岳.JPG鼓ヶ岳

山頂から南東方向の尾根に切り開きが続いているので、誘惑に抗しきれず下ってみた。
こちらにも宮野財産区のプラ杭が続き、ヒノキ植林境の尾根を下る。
P1320704山頂から東南方向切り開き(逆方向).JPG南東方向切り開き
P1320675 560m支尾根分岐点.JPG560m支尾根分岐点
P1320676切り開き・下り.JPG切り開き・下り
P1320677植林境・下り.JPG植林境・下り
P1320678 520m支尾根分岐点.JPG520m支尾根分岐点
P1320680植林境・下り.JPG植林境・下り
P1320682 460m支尾根分岐点.JPG460m支尾根分岐点
P1320683植林境・下り.JPG植林境・下り

標高410mあたりで、切り開きが尾根を外れ、ロープが設置された右の斜面を下りきると沢を渡る。
P1320685 410m下降点.JPG410m下降点
P1320686切り開きの下降斜面.JPG切り開きの下降急斜面
P1320687倒石杭.JPG倒石杭
P1320688渡渉箇所.JPG渡渉箇所

巻き道をたどり植林斜面に付けられた山道をジグザグに下ると、左の支谷に十数メートルほどの落差のある滝を見る。
P1320690巻き道.JPG巻き道
P1320691ややシダ被り.JPGややシダ被り

P1320695滝.JPG

山道を少し下ると金山谷へ出て、水量のある沢と出合う。沢の上流・下流、両方向に測量時のものと思われるピンクテープが沢を何度か渡り返すような感じで続いている。見通しがきかずその先の状況も不明のため、無理をせず山頂へ戻ることにした。(「里山ハイカー情報広場」の金光氏の投稿記事にも「危険な谷」との記載がある)

★後日、荒谷ダム側から金山谷を溯り下降地点までたどってみた。次回報告予定。

P1320701谷(右方向).JPG谷(右方向)
P1320700谷(左方向).JPG谷(左方向)
P1320699対岸の窯跡?.JPG対岸の炭焼窯跡?

殉職の碑まで戻り、市境尾根を東へ向かう。
情報どおり、以前と違って明瞭な切り開きが続き、これを忠実にたどる。
P1320705植林沿い・下り.JPG植林沿い・下り
P1320708 530m支尾根分岐(左方向折れ点).JPG530m支尾根分岐
P1320710 520m鞍部・石杭「二三四」.JPG520m鞍部・石杭「二三四」
P1320713 530mピーク.JPG530mピーク
P1320715 540mピーク①.JPG540mピーク①
P1320716植林境・上り.JPG植林境・上り

550mピーク、532mピークを越えると、倒石杭のある500m支尾根分岐点で切り開きが2方向へ分かれる。
P1320717 550mピーク.JPG550mピーク
P1320718切り開き・下り.JPG切り開き・下り
P1320719540mピーク②.JPG540mピーク②
P1320720切り開き・下り.JPG切り開き・下り
P1320721 540mピーク③.JPG540mピーク③
P1320722切り開き・下り.JPG切り開き・下り
P1320723 530mピークを右に過ごす.JPG530mピークを右に過ごす
P1320724切り開き・下り.JPG切り開き・下り
P1320725ヒノキ林境鞍部・510m鞍部.JPGヒノキ林境鞍部
P1320726切り開き・上り.JPG切り開き・上り
P1320727ヒノキ植林境・上り.JPGヒノキ植林境・上り
P1320729 532mピーク.JPG532mピーク
P1320730石杭「二四二」.JPG石杭「二四二」
P1320732雑木切り開き・下り.JPG雑木切り開き・下り
P1320733小岩上を越える.JPG小岩上を越える
P1320734 500m支尾根分岐点・倒石杭「二四三」.JPG500m支尾根分岐点

左の道を取り、下りきると「公社造林滝ノ下事業地」看板が立つ430m鞍部へ降り立つ。
P1320736雑木尾根・下り.JPG雑木尾根・下り
P1320737右手樹間に狼山.JPG右手樹間に狼山
P1320739 前方に490mピーク.JPG前方に490mピーク
P1320740ヒノキ植林沿い・下り.JPGヒノキ植林沿い・下り
P1320741鞍部・公社造林看板.JPG430m鞍部・公社造林看板

切り開きはさらに直進方向の市境尾根へ続くが、前に歩いたので、左の谷へ続く山道を下る。
以前は幼木の植樹帯で下方の林道終点が見晴らせたが、今では植林が伸び、日の当らない暗い植林帯に様変わりしている。

P1320742市境尾根の切り開き.JPG市境尾根の切り開き
P1320743杉植林帯の山道.JPG杉植林帯の山道

少し下ると植林帯の中で踏み跡が分岐し、不明瞭となる。直進するとすぐに沢と出合い行き止まりとなるので、左方向へ踏み跡を少したどると谷底部へ出る。(このあたり伏流か?)
P1320744踏み跡分岐.JPG踏み跡分岐
P1320746巻き道.JPG左の踏み跡
P1320747谷底部へ出る.JPG谷底部へ出る

向かいの小さなガケ状の斜面に付けられた踏み跡をあがると、山際に踏み跡が続く。林道上にマツなどの雑木が茂り、荒れたようだ。
P1320748法面.JPG小ガケ状斜面
P1320749林道跡・マツ.JPG林道跡・密生するマツ
P1320751.JPG林道跡

やがて道幅が回復し、車の轍が現われ林道らしくなる。
耕作地へ出て、林道をたどると県道と国道の合流地点へ出る。
P1320753幅広林道となる.JPG幅広林道となる
P1320756林道小広場.JPG林道小広場
P1320757耕作地沿い.JPG耕作地沿い
P1320758NTTドコモ小木原基地局.JPGNTTドコモ小木原基地局
P1320759国道262号合流点.JPG県道・国道合流地点

前回は小木原から中山峠を越えて上長瀬へ抜けたが、無難なところで車道を歩くことにし、日南瀬経由の大回りで駐車地へ戻った。
P1320763幅広の歩道.JPG幅広の歩道
P1320765上長瀬一里塚.JPG上長瀬一里塚
P1320766説明板.JPG説明板
P1320771逆修石.JPG逆修石
P1320770説明板.JPG説明板
P1320772猿田彦大神.JPG猿田彦大神
P1320773上長瀬登山口.JPG上長瀬登山口
P1320778夏木原交流施設.JPG夏木原交流施設
P1320783萩往還道.JPG萩往還道


コメント(0)