So-net無料ブログ作成
検索選択

竜王山〈船越ルート〉・牡鋤先山〈南西尾根ルート〉(下関市吉見下・福江) [県西部の山]

竜王山を南西側から船越川沿いに登り、帰りは牡鋤先山を尾根伝いに福江側へ下ってみた。
船越川沿いに延びる林道を終点までたどり、作業道に変わって支尾根に取り付き、尾根上に残る溝状道や切開きを登り切ると主尾根上で竜王山吉見コースに合流する。
牡鋤先山からは前回たどった西尾根を下り、途中から南西へ派生する支尾根を下る。支尾根上には途中まで古いテープが所々に残るが、枝打ちされた枝や灌木帯があったりで快適な歩きとは言いがたい。(2015.12.26)
P1290922さるだ堤から牡・牝鋤先山.JPGさるだ堤から牡・牝鋤先山
竜王山・鋤先山2.jpg (1,2クリックで拡大)

県道から船越側へ少し入ったところに駐車スペースがある。
県道へ出て右折し、船越川に架かるコン橋を過ぎるとすぐに左折、川沿いに林道を進むと次のコン橋で舗装林道と出合う。左折しコン橋を渡ると車止めがある。
P1290781船越川に架かるコン橋・林道入口(逆方向).JPGコン橋・林道入口(逆方向)
P1290782船越川沿いの林道.JPG船越川沿いの林道
P1290783舗装林道出合い・コン橋.JPG舗装林道出合い・コン橋

果樹園沿いに林道を進む。廃園が多いようだ。右にコン橋を二つ、堰堤を二つ過ごすと舗装が切れ、作業道風の未舗装道となる。近年利用された様子はない。
P1290784果樹園沿いの舗装林道.JPG果樹園沿いの舗装林道
P1290785林道から竜王山山頂方向.JPG林道から竜王山山頂方向
P1290786貯水槽(左)・林道.JPG貯水槽(左)・林道
P1290787堰堤①.JPG堰堤①
P1290789堰堤②.JPG堰堤②
P1290790舗装林道終わり.JPG舗装林道終わり
P1290791未舗装林道.JPG未舗装道

最初の分岐を左に取り、すぐの分岐を右に取る。道が怪しくなると赤プラポールを見る。
P1290792分岐①.JPG分岐①
P1290793分岐②.JPG分岐②
P1290794作業道.JPG作業道の名残り?
P1290795作業道?.JPG作業道?
P1290796赤プラ.JPG赤プラポール

まもなく左斜面をジグザグに上がる道に変わり、上方で下からの溝状の古道に合流する。
P1290797ジグザグ作業道.JPGジグザグ道
P1290798.JPGジグザグ道
P1290800溝道出合(上方).JPG溝道出合(上方)
P1290801溝道(下方).JPG溝道(下方)

雑木疎林斜面に延びる溝道を直登するとまもなくスギ植林と出合うが、これも赤プラポールを見てすぐに終わり、ふたたび雑木疎林となる。
P1290802植林出合い.JPG植林出合い
P1290803赤プラポール・植林終わる.JPG赤プラポール・植林終わる

小岩が石垣状に二列に並ぶ所(人工物ではないようだ)を過ぎ、平坦地に出て右に少し巻くと、尾根上の切開き道となる。途中左へ少し入ったところに赤プラポールがある。
P1290804小岩が並ぶ溝道.JPG小岩が連なる溝道
P1290805石垣風の小岩(下段).JPG石垣状の小岩(下段)
P1290806石垣風の小岩(上段).JPG石垣状の小岩(上段)
P1290807平坦道.JPG平坦巻き道
P1290808小尾根上の切開き.JPG小尾根上の切開き
P1290809切開き.JPG切開き
P1290810左のプラポール.JPG左に赤プラポール

350m鞍部へ出て左の巻き道に変わるが、まもなく道が不明瞭となるので、雑木疎林尾根に取り付き、直登する。
P1290811鞍部.JPG350m鞍部
P1290813巻き道.JPG巻き道
P1290814雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根

400m鞍部へ出て左折し、ふたたび尾根を直登すると、ちょうど丸太ベンチが設置してあるところの登山道へ出た。
P1290815疎林尾根鞍部.JPG400m鞍部
P1290816赤プラポール.JPG赤プラポール
P1290817疎林尾根.JPG疎林尾根
P1290818赤プラポール.JPG赤プラポール
P1290819木のベンチ.JPG丸太のベンチ
P1290821鬼ヶ城.JPG鬼ヶ城

右折し吉見コースの登山道をたどる。途中単独行の中高年男女3名にそれぞれ出会いながら竜王山山頂広場に着く。山頂には人影はなかったが、そのうち親子連れと思われる中高年の3人連れが鋤先山方向から上がってきた。
P1290823 480m平坦ピーク.JPG480m平坦ピーク
P1290825八合目.JPG八合目
P1290826角岩の斜面・ロープ.JPG岩場
P1290827 530m平坦ピーク.JPG530m平坦ピーク
P1290828 550m平坦ピーク.JPG550m平坦ピーク
P1290829鞍部・石杭.JPG鞍部・石杭
P1290831 570m平坦ピーク.JPG570m平坦ピーク
P1290834600mピーク・吉見峠コース出合い.JPG吉見峠コース出合い
P1290836竜王山山頂.JPG竜王山山頂
P1290838一等三角点.JPG一等三角点
P1290843牝・牡鋤先山.JPG牝・牡鋤先山

少ししぐれて小雨がぱらつき始めたので、早々と牡鋤先山へ縦走にかかる。途中若い男女3人グループと出会う。
P1290844縦走路.JPG縦走路
P1290845深坂峠コース出合い.JPG深坂峠コース出合い
P1290846縦走路・擬木階段.JPG縦走路・擬木階段
P1290850 570mピーク.JPG570mピーク
P1290851擬木階段.JPG擬木階段
P1290853牡鋤先山山頂.JPG牡鋤先山山頂
P1290854竜王山.JPG竜王山
P1290855吉見方向.JPG吉見方面
P1290856福江方向.JPG福江方面
P1290857四王司山・老僧山.JPG四王司山・老僧山
P1290858表山.JPG表山

牡鋤先山山頂からは先日下った西尾根へ向かう。明瞭な尾根道をたどり下っていく。
P1290860尾根道.JPG尾根道
P1290862尾根道.JPG
P1290863鞍部.JPG520m鞍部
P1290865尾根道.JPG尾根道

標高480mあたりで南西方向の支尾根をめざす。尾根筋は不明瞭だが分岐部に数種類のテープが巻かれている。よく見るとわずかな切開きがあり、下るにつれて次第に尾根筋が明瞭となる。
P1290867鞍部・支尾根分岐部.JPG480m鞍部・支尾根分岐部
P1290868分岐部テープ.JPG分岐のテープ
P1290869支尾根方向斜面.JPG支尾根方向斜面
P1290870テープ・斜面.JPG斜面・テープ
P1290871薄い踏み跡・僅かな切開き.JPG僅かな切開き
P1290872雑木疎林尾根平坦部.JPG雑木疎林尾根

標高430mあたりでヒノキ植林と出合う。急斜面で尾根筋が不明瞭となるので、植林沿いの雑木斜面を下る。古いテープが所々に残る。
P1290873左ヒノキ植林出合い.JPG左ヒノキ植林出合い
P1290874雑木疎林尾根斜面.JPG雑木尾根斜面

380m鞍部でヒノキ植林境を歩くようになる。伐採木をよけながら進む。
P1290876植林境.JPG植林境
P1290877伐採木が散乱する植林境.JPG伐採木が散乱する植林境
P1290879植林境.JPG植林境
P1290881340m鞍部.JPG340m鞍部

340m小ピークから灌木帯に入り、尾根上の切開きを下る。310mあたりで前方が開け、岩盤状の斜面を下るようになる。
P1290883灌木ヤブ尾根.JPG灌木ヤブ尾根
P1290885灌木ヤブ.JPG灌木の切開き
P1290889岩尾根・展望地.JPG岩尾根・展望地
P1290888福江方向.JPG福江方向

まもなく左側ヒノキ植林となり、290m鞍部を登り返し尾根分岐を左に取る。枝打ちされた枝が放置され、歩きづらい尾根がしばらく続く。
P1290890左ヒノキ植林出合い.JPG左ヒノキ植林出合い
P1290891植林鞍部.JPG植林鞍部
P1290892植林境尾根(左方向).JPG植林境尾根(左方向)
P1290893植林境.JPG植林境
P1290894枝打ちされた植林境.JPG枝打ちされた植林境

210m鞍部で植林が終わる。左の急斜面となった植林境を下ると林道へ出ると思われたが、そのまま尾根を直進することとする。
P1290896植林終端部・赤プラポール.JPG植林終端部・赤プラポール
P1290897左斜面の植林境.JPG左斜面の植林境

切開きが不明瞭で緩い勾配の雑木疎林尾根を下っていく。
P1290898雑木疎林尾根・石杭.JPG雑木疎林尾根・石杭
P1290899雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根
P1290900209m平坦ピーク・倒石杭.JPG209m平坦ピーク・倒石杭
P1290902雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根

170m平坦ピークで右の支尾根へ折れる。分岐部には小さなコン杭ぐらいしか見あたらない。
切開きの名残り程度の雑木疎林尾根を下っていくと、標高140mあたりで明瞭な切開きが現われる。
P1290904 170m平坦ピーク・小コン杭.JPG170m平坦ピーク・小コン杭
P1290905雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根
P1290906 90m明瞭な切開き.JPG明瞭な切開き
P1290908 50m付近.JPG標高100m付近
P1290909倒竹林.JPG倒竹林

溝状の道となり、用水路に置かれたコン板を渡り直進する。
P1290910溝状道.JPG溝状道
P1290911コン板・用水路.JPGコン板・用水路

溝道を下り、涸れ沢を渡って沢沿いに左へ少し下ると、コン板橋があり民家横へ出る。
P1290912溝状道.JPG溝状道
P1290913涸れ沢.JPG涸れ沢
P1290914沢沿い.JPG沢沿い
P1290915コン板橋.JPGコン板橋

集落道をたどり、市道へ出て右折すると県道と出合う。通行量の多い県道を避け、市道をたどって駐車地へ戻る。
P1290917集落道分岐(逆方向).JPG市道出合い(逆方向)
P1290918福江側から牡鋤先山・牝鋤先山.JPG福江側から牡・牝鋤先山


コメント(0)