So-net無料ブログ作成
検索選択

鬼ヶ城〈北西尾根Bルート・奥畑SCルート〉(下関市豊浦町黒井、吉見上) [県西部の山]

前回(12月5日)鬼ヶ城北西尾根ルートを登った際、ひとつ南に位置する北西尾根が気になったので、さっそく歩いてみた。
掘割り状の作業道を終点までたどり、一字一石塔が建つ252mピークにまず上がる。雑木や植林境の尾根をひたすら登り、最後は大岩を越えながら何とか山頂へたどり着く。
帰路は縦走路の南尾根を下り、途中から「出会いの山小屋」という道標に従い、テープをたどって踏み跡を下ると奥畑コースと合流した。(2015.12.12)
P1290601鬼ヶ城(西麓から).JPG鬼ヶ城(西麓から)
鬼ヶ城.jpg (1,2クリックで拡大)

県道沿いに残る旧道部分に駐車。少し南に下った大羽山溜池のところにも駐車が可能。
林道入口の防獣柵のゲートを抜けると、すぐ右に舗装道が上がっており、これに取り付く。
P1290477林道入口・取り付き.JPG林道入口・取り付き
P1290479防獣ゲート(逆方向).JPG防獣ゲート(逆方向)
P1290480舗装取り付き道.JPG舗装取り付き道

尾根上で未舗装道に変わり、作業道と見られる掘割状の幅広道を進む。
P1290481未舗装道.JPG未舗装道
P1290482掘割り状の作業道.JPG掘割り状の作業道

分岐をいくつか過ごしながら本道を進み、沢を渡るとまもなくだだっ広い植林地で終点となる。
P1290483作業道.JPG作業道
P1290484沢渡り.JPG沢渡り
P1290486作業道終点.JPG作業道終点

明瞭な踏み跡もないので、左の谷へ向かい沢沿いに谷を進む。
P1290488沢沿い.JPG沢沿い
P1290489沢沿い.JPG沢沿い

植林と出合い、谷分岐で左の植林谷を詰める。登り切ると鞍部へ出る。
P1290490植林谷.JPG植林谷
P1290491炭焼窯跡.JPG炭焼窯跡
P1290492左の植林支谷.JPG左の植林支谷
P1290493鞍部.JPG鞍部

左折し植林境を少し登ると「大乗妙典一字一石塔」の建つ252mピークへ着く。樹林に囲まれ展望は期待できない。
P1290494植林境.JPG植林境
P1290495252mピーク.JPG252mピーク

石塔には、ほかに「天下泰平 國家安全」、「明治十六年三月施工」、施主名が刻まれており、比較的新しいもののようだ。しかし地下上申絵図に「経ノ尾」と記され、小ピーク上に石塔らしき絵も描かれているところがこのピークと思われる。周辺には経石に使われたと思しき玉石が散乱し、古い台座と思われる基礎石も残っている。もともと経塚があったところへ新たに石塔を再建したものだろうか。
P1290496一字一石塔.JPG一字一石塔
P1290497.JPG
P1290500.JPG

鞍部へ戻り、雑木疎林尾根を登る。
右植林、雑木、右植林と変わりながら尾根を登っていくと、標高340mあたりでコン杭「クロ井村有」を見る。
P1290501雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根
P1290503右植林.JPG右植林
P1290504雑木疎林.JPG雑木疎林
P1290506右植林.JPG右植林
P1290507コン杭「クロ井村有」.JPGコン杭「クロ井村有」

アオキの目立つ雑木尾根に変わり、さらに左ヒノキ植林になる。
P1290508アオキ.JPGアオキ
P1290509雑木.JPG雑木
P1290510左植林.JPG左植林

小コン杭「専賣公社」と小プラ杭「林業公社」を見ながら急勾配の植林境を登る。
ふたたび林業公社の小プラ杭を見ると雑木尾根となる。
P1290512小コン杭等・左植林.JPG小コン杭等・左植林
P1290514左植林.JPG左植林
P1290515左植林.JPG左植林
P1290516小プラ杭・雑木尾根.JPG小プラ杭・雑木尾根

大岩を左に過ごし、急登するとさらに左に大岩が横に並ぶのを過ごす。
大岩の岩上に出ると樹間越しに室津方面が望める。
P1290517左に大岩①.JPG左に大岩①
P1290518岩尾根.JPG岩尾根
P1290519大岩並ぶ②.JPG大岩並ぶ②
P1290520岩上.JPG大岩②の岩上

右に苔で白っぽくなった大岩を過ごすと前方に大岩が立ちはだかる。
P1290521右大岩③.JPG右に大岩③
P1290522前方大岩④.JPG前方に大岩④

岩の左に回り込み、左下にスパッと切れ落ちた谷を見下ろし、慎重にトラバースしながら尾根上へ出る。尾根を少し戻って岩上に立つ。こちらも樹間越しの展望である。
P1290523大岩左側面.JPG大岩④左側面
P1290524谷をトラバース(逆方向).JPG岩のへりをトラバース(逆方向)
P1290525岩上を戻る.JPG岩尾根上(逆方向)
P1290526大岩④の岩上.JPG大岩④の岩上

尾根を戻り、足場や手がかりを確認しながら岩尾根を越えていくと、なんとか抜け出てホッとする。
P1290528岩凌帯を登る.JPG岩尾根
P1290529岩上.JPG岩上
P1290530岩尾根上.JPG岩尾根上
P1290532雑木尾根.JPG雑木尾根

最後は灌木ヤブを分けて少し進むと山頂広場へ抜け出る。山頂には人影はない。
P1290533灌木ヤブ.JPG灌木ヤブ
P1290536山頂.JPG山頂広場
P1290540三角点・山頂広場.JPG三角点・山頂広場
P1290541竜王山.JPG竜王山
P1290542吉見方面.JPG吉見方面
P1290543蓋井島・草場山・小倉ヶ辻.JPG蓋井島・草場山・小倉ヶ辻
P1290544室津方面.JPG室津方面
P1290545川棚・小串方面.JPG川棚・小串方面
P1290546狗留孫山.JPG狗留孫山
P1290548首かたげ山.JPG首かたげ山

帰路、久しぶりに南尾根を下ってみる。吉見峠への縦走路でもあり、両側にアオキが茂る中を明瞭な登山道が続く。
標高540m付近に水場がある。小さなビニール管が設置されており、湧き水がパイプの先から少し流れ出ている。
P1290549アオキ・登山道.JPG登山道
P1290550水場.JPG水場
P1290552水場付近から竜王山.JPG水場付近から竜王山

さらに下っていくと、コン杭「市」、続いて白プラポールを見て、左ヒノキ植林に変わる。
P1290556コン杭「市・林」.JPGコン杭「市」
P1290557竜王山(コン杭付近から).JPG竜王山(コン杭付近から)
P1290559白ポール・左ヒノキ林.JPG白ポール・左ヒノキ林

植林境を少し下っていくと、そばの木に「出会いの山小屋」と書かれた新しい道標が付けられているのを見る。興味をそそられたので下ってみることにした。
P1290560道標「出会いの山小屋」.JPG道標

雑木疎林の斜面にわずかな踏み跡とピンクのテープが続いている。最初は少し下ったあたりに簡易な小屋でもできたかと思っていたが、踏み跡はどんどん高度を下げ、猟師道のように不規則に蛇行しながら続いていくので、次第に不安を覚える。テープがなければそのうち踏み跡もすぐに消失するだろう。
P1290561踏み跡・テープ.JPG踏み跡・テープ
P1290563.JPG踏み跡・テープ

やがてなんとなく切開きのある疎林の踏み跡となり、谷が近づいたあたりで、奥畑コースと思われる古道に出る。
P1290564切開き.JPGわずかな切開き
P1290565山道出合い.JPG古道出合い

右折しテープを追っていくと鞍部へ出る。
右の谷へ続く溝状の道へ下る。角張った石が多い道となり、テープが間遠くやや不明瞭なところもある。
P1290567鞍部.JPG鞍部
P1290568溝状道.JPG溝状道
P1290570支尾根を巻く.JPG小尾根を巻く
P1290572角石が多い山道.JPG角石の多い山道
P1290573山道やや不明瞭.JPG山道やや不明瞭

標高230mあたりで一旦谷と合わさると、谷沿いに右へトラバース気味に下るようになる。
途中、ショルダーバッグを片手で胸に抱えた中年男性と出会う。登山支度ではないがハイカーらしい。こんな場所で人に出会うとは思いがけなかったが、相手の男性はさして驚く様子もなく、小さく挨拶してすれ違う。
P1290574山道.JPG谷出合い
P1290575山道.JPG山道

植林帯に入ると間もなく左に炭焼窯跡を過ごす。
右から山道を合わせ、小尾根上を下る。
P1290576植林帯.JPG植林出合い
P1290577炭焼き窯跡.JPG炭焼窯跡
P1290578右からの山道出合い.JPG右からの山道出合い
P1290579山道.JPG山道

右のトラバース道となり、沢を渡るとすぐに分岐となり、左道を取る。
P1290580沢渡り.JPG沢渡り
P1290581分岐(左へ).JPG分岐(左へ)

倒木を左によけながら下ると左の谷にナメ滝を見る。
P1290582倒木(逆方向).JPG倒木(逆方向)
P1290585ナメ滝.JPGナメ滝

両側に石積みされた道を下っていくと竹ヤブとなり、すぐ先の沢を渡ると林道終点へ出る。
P1290586山道.JPG山道
P1290587掘割り状の山道.JPG石積み道
P1290588竹ヤブ.JPG竹ヤブ
P1290589沢渡り.JPG沢渡り
P1290591林道終点.JPG林道終点

果樹園沿いに林道をたどっていくと、ネット柵の出入口に「出会いの山小屋」の木札が付けられていた。ただし簡単に出入りできる感じではない。ネットで隔てられた背後地は緩い丘陵地となっており、見渡したところ小屋らしきものは見当たらない。なにか狐につままれたような気がしてそこを離れた。
奥畑集落を抜け県道へ出る。
P1290592林道.JPG林道
P1290593植林沿い.JPG植林沿い
P1290595.JPGゲート・看板
P1290594看板・ゲート.JPG 

途中、大笠山の縦走の折見過ごした「八本松峠駕籠建場」に立ち寄る。入口に表示はない。県道から作業道に入り、すぐの分岐を左に取ると駕籠建場がある。
P1290603作業道入口.JPG作業道入口
P1290604作業道.JPG作業道
P1290606八本松峠駕籠建場.JPG八本松峠駕籠建場
P1290611案内板.JPG案内板
P1290609駕籠建場から鬼ヶ城.JPG駕籠建場から鬼ヶ城


P1290614大羽山溜池から鬼ヶ城.JPG大羽山溜池から鬼ヶ城
コメント(0)