So-net無料ブログ作成

狩音山・白滝の頭(下関市豊浦町黒井、吉永) [県西部の山]

狩音山の西尾根を林道を利用して直登してみた。尾根に上がってしばらくは溝状の道が残っているが、その後は急勾配の植林尾根を直登、雑木尾根をたどり、アオキの茂る緩やかな尾根を登り切ると山頂に達する。
帰路は石畑峠まで続く縦走路を白滝の頭までたどり、西尾根を下った。尾根上には雑木が残り、途中から作業道の名残りと思われる溝状の道が現われ、最後は不明瞭となり林道へ降り立つ。(2015.11.21)
P1290175溜池から狩音山.JPG石印寺溜池から狩音山
狩音山.jpg (1,2クリックで拡大)

鬼ヶ城登山口の駐車場を借りる。
舗装林道を200mほど戻り右の林道へ入る。入口は草が生い茂り、ちょっと見には分からないので、そばの中電電柱「トヨウラ 98 左12」を目印にするとよい。
P1290172鬼ヶ城登山道入口看板.JPG鬼ヶ城登山道入口看板
P1290020林道入口(逆方向).JPG林道入口(逆方向)
P1290021林道入口.JPG林道入口
P1290178林道分岐点の電柱「トヨウラ 98左12」.JPG電柱標識

わずかな踏み跡をたどるとすぐに明瞭な林道となり、コン橋と出合い、右に小堰堤を見る。
P1290022踏み跡.JPG踏み跡
P1290023コン橋.JPGコン橋
P1290024小堰堤.JPG小堰堤

左に小堰堤を過ごし、暗渠で小川を渡って左(右岸)へ移る。
P1290025林道.JPG林道
P1290026左に小堰堤.JPG左に小堰堤
P1290027林道.JPG林道
P1290028暗渠・コン張り.JPG暗渠

植林沿いに進むと林道終点に至る。地形図上の破線道はこの先で不明瞭となる。
P1290030右沢沿い.JPG右沢沿い
P1290031植林沿い.JPG植林沿い
P1290032林道終点.JPG林道終点

林道終点から左の斜面に山道が上がっているので、これに取り付くと、上方で左の巻き道となり、植林沿いにたどると尾根へ上がる。
P1290033左に山道.JPG左斜面に山道
P1290039溝状道.JPG溝状道
P1290040左へ巻き加減の山道.JPG左の巻き道
P1290041植林境尾根へ出る.JPG植林境尾根へ出る

右折し植林境のやせ尾根上に付けられた溝状の道を登る。
P1290042やせ尾根上の溝状道.JPGやせ尾根上の溝状道

コン杭「ニ四七」を見るあたりから雑木尾根に変わるが、溝状の道は続く。
P1290044植林頂部・コン杭.JPG植林頂部・コン杭
P1290046雑木切開き.JPG雑木切開き

左の巻き道からすぐに急勾配の斜面に付けられたジグザグの踏み跡を登り切ると、平坦尾根に出て左が植林に変わる。
P1290047左巻き巻き道.JPG左巻き道
P1290048ジグザグ道.JPGジグザグ道
P1290049植林境尾根.JPG植林境尾根

植林境を進むと左の巻き道となり、小尾根と出合うあたりから急勾配の植林尾根を直登する。
ところどころ赤テープがあるが、そのうち消失する。
P1290050植林沿いに左へ巻く.JPG植林沿いに左へ巻く
P1290051植林尾根を直登.JPG植林尾根を直登

雑木が多くなるあたりで斜面上に小穴を見る。炭焼窯跡のようだ。急斜面なのによく作ったものだ。
P1290053雑木交じり.JPG雑木交じり
P1290054炭焼窯跡.JPG炭焼窯跡
P1290055炭焼窯跡(横から).JPG炭焼窯跡(横から)

勾配が緩みさらに登ると、平坦尾根でコン杭「クロ井村有」に出合い、植林尾根となる。
P1290056雑木尾根.JPG雑木尾根
P1290058緩い勾配の尾根.JPG勾配が緩む
P1290059ガレ石の多い雑木尾根.JPGガレ石の目立つ雑木尾根
P1290060ヒノキ植林出合い・コン杭.JPGヒノキ植林出合い・コン杭
P1290061コン杭「クロ井村有」.JPGコン杭
P1290062樹間に甲山・室津.JPG樹間に甲山・室津

まもなく植林が終わり雑木が目立つようになり、登り切るとアオキが広がる緩い斜面に変わる。
P1290063植林尾根.JPG植林尾根
P1290064雑木の多い尾根を直登.JPG雑木尾根を直登
P1290065勾配が緩む.JPG勾配が緩む
P1290066アオキが密生する緩い尾根.JPGアオキが密生する緩い尾根

最後はやや右に振ると、伐採されカヤが少し茂る山頂の一角に出る。
P1290069山頂手前で右へ.JPG山頂手前で右へ
P1290070山頂部へ抜ける.JPG山頂部へ抜ける

すぐ上が狩音山山頂である。西と北方向に展望が広がる。
P1290071狩音山山頂.JPG狩音山山頂
P1290072.JPG山頂
P1290073草場山・蓋井島.JPG草場山・蓋井島・小倉ヶ辻
P1290077狗留孫山.JPG狗留孫山・笠ヶ岳・勝陣山
P1290078一位ヶ岳・京ヶ嶽・華山.JPG天狗山・京ヶ嶽・華山

次は北方の白滝の頭をめざす。近年石畑峠までの縦走路が警備されたようで、明瞭な山道が続き、要所には道標も設置されている。
左アオキ、右スギ植林の尾根境を東方向へ下る。
P1290079下山方向.JPG下山方向
P1290080右スギ植林境.JPG植林境
P1290081鬼ヶ城まで1500m.JPG道標「鬼ヶ城まで1500m」
P1290082植林境下り.JPG植林境下り
P1290083530m鞍部.JPG530m鞍部

白プラポールの立つ550mピークで北に方向が変わる。
P1290084550m小ピーク・白プラポール.JPG550m小ピーク・白プラポール

510mピークで二つ目の白プラポールを過ごす。
P1290085植林境下り.JPG植林境下り
P1290086 510m・白プラポール.JPG510m・白プラポール

三つ目の白プラポールの立つ500m支尾根分岐点で新しい道標を見て、植林とわかれ北西方向へ下る。
P1290087道標・白プラポール.JPG道標・白プラポール
P1290089道標・雑木尾根下り.JPG雑木尾根下り
P1290091雑木尾根下り.JPG雑木尾根下り
P1290092右の樹間に伐採地.JPG右の樹間に伐採植林地
P1290094 480m平坦ピーク.JPG480m平坦ピーク
P1290095切開き下り.JPG切開き下り
P1290096切開きの緩い上り.JPG切開きの緩い上り
P1290097切開き.JPG切開き

430m平坦ピークを過ぎるあたりからジグザグの道となり、下っていくと右が植林谷に変わり鞍部へ着く。
P1290098 430m平坦ピーク・山道分岐.JPG430m平坦ピーク・山道分岐
P1290100ジグザグ道.JPGジグザグ道
P1290101コン杭・ジグザグ道.JPGコン杭・ジグザグ道
P1290102植林境.JPG植林境
P1290103 360m鞍部.JPG360m鞍部

ロープが付けられた急勾配の雑木尾根を登り切ると、白滝の頭の展望山頂に着く。西側半面に展望が広がる。
P1290104石杭・雑木切開き上り.JPG石杭・雑木切開き上り
P1290106急な上り・ロープ.JPG急勾配の上り・ロープ
P1290109白滝の頭・展望山頂.JPG白滝の頭・展望山頂
P1290111.JPG大笠山・小笠山・白島
P1290112甲山・室津.JPG甲山・室津

平坦尾根を少し進むと四等三角点「岩滑」山頂である。樹木に囲まれ展望は得られない。
P1290107三角点山頂.JPG三角点山頂
P1290108四等三角点.JPG四等三角点

展望地へ戻り、ここから西尾根を下る。密生した雑木尾根を少し下ると雑木疎林となり歩きやすくなる。
P1290115雑木ヤブ尾根.JPG雑木ヤブ尾根
P1290116疎林尾根.JPG疎林尾根

コン杭「一八五?」を過ごし雑木尾根の切開きを下ると、掘削した小平坦地に出る。ここから溝状の道が延びており、これに沿って下る。
P1290117コン杭「一八五?」.JPGコン杭
P1290118雑木切開き.JPG雑木切開き
P1290119溝状道頂部の段状地(横から).JPG削平地(横から)
P1290120尾根上の溝状道.JPG尾根上の溝状道
P1290121プラ杭・溝状道.JPGプラ杭・溝状道
P1290122ヤセ尾根.JPGヤセ尾根

平坦尾根となり、コン杭「クロ井村有」を見てさらに緩やかな尾根を下っていく。
P1290124平坦尾根.JPG平坦尾根
P1290125コン杭「クロ井村有」.JPGコン杭
P1290126雑木平坦尾根.JPG雑木平坦尾根

標高300mのヒノキ林と出合うあたりで左へ大きく蛇行するような掘割り状の道となり、勾配のある尾根をジグザグに下るようになる。
P1290127ヒノキ植林出合い.JPGヒノキ植林出合い・掘割り道
P1290128掘割り状道.JPG掘割り道
P1290129コン杭.JPGコン杭
P1290131掘割り道.JPG掘割り道
P1290133ジグザグ道.JPGジグザグ道

緩い尾根に変わり、コン杭「クロ井村有」を見ると、道が南西方向の尾根に変わり、まもなく鞍部へ降り立つ。
P1290134コン杭「クロ井村有」.JPGコン杭
P1290135尾根上のジグザグ道.JPG尾根上のジグザグ道

ここで右の雑木疎林谷方向へ道が下るので、これをたどってみる。
ジグザグに残る道を下っていくと、次第に不明瞭となり消失するので、右のスギ植林帯と出合うところで植林の小尾根を下る。
P1290136作業道右谷方向へ.JPG右谷方向へ下る
P1290138作業道.JPG
P1290140作業道?.JPG道?
P1290142スギ植林出合い.JPGスギ植林出合い
P1290143スギ植林小尾根.JPG植林小尾根を下る

下り切ったあたりで左に土手状のものが見えたので、斜面を少し上がると林道へ出た。
P1290144林道出合い(法面).JPG林道法面
P1290145林道(右方向).JPG林道(右方向)
P1290146林道(左方向).JPG林道(左方向)

左折し林道を少したどってみた。
やや荒れた林道を進み、右に堰堤を過ごすとコン橋で林道終点となる。
P1290147崩落箇所.JPG崩落箇所
P1290148堰堤.JPG堰堤
P1290149林道終点部・コン橋.JPG林道終点部・コン橋

林道出合いまで戻り、草がやや被る林道を下っていくと、前方に病院の建物が見え、県道へ出る。
P1290152コン橋・砂防指定地看板(逆方向).JPGコン橋・砂防指定地看板(逆方向)
P1290153林道.JPG林道
P1290154林道・重本病院.JPG林道・病院
P1290156林道分岐(逆方向).JPG林道分岐(逆方向)

駐車地へ戻る途中で龍泉寺へ立ち寄ってみた。鳴滝は小振りの滝だ。本堂は建て替えられたようで、モダンな造りの建物である。
P1290157龍泉寺参道入口道標・石仏.JPG龍泉寺参道入口道標・石仏
P1290158狩音山・参道入口石仏.JPG狩音山
P1290166鳴滝.JPG鳴滝
P1290169龍泉寺本堂.JPG龍泉寺本堂

コメント(2)