So-net無料ブログ作成

狼岩・狗留孫山〈八丁坂ルート〉(下関市豊田町杢路子) [県西部の山]

杢路子村の地下上申絵図を調べたとき、八丁坂(八坂ではなく本来はこちらの地名が正しい)北方の川棚村境に岩の絵とともに「狼岩」の名が記されているのが気になった。地下上申杢路子村境目書にも記載がある。
そこで、八丁坂から旧町境を狗留孫山まで歩いてみた。(2015.09.27)
P1270451後ろ側.JPG狼岩
狼岩・狗留孫山.jpg (1,2クリックで拡大)

杉谷集落東側の果樹園石柱のところに駐車させてもらう。中国自然歩道でもある市道を西へ進み、集落を過ぎると道幅が狭くなり、道の両側が少し荒れてくる。普通車の通行は厳しいだろう。
P1270389梨園石柱.JPG果樹園石柱
P1270390杉谷集落.JPG杉谷集落
P1270393やや細道となる.JPGやや細道となる
P1270394路傍の石碑(庚申塚?).JPG路傍の石碑(庚申塚?)
P1270395道しるべ石柱・灯籠.JPG石灯籠・道しるべ石標

金網の防獣ネットが現われ、右の植林帯へ林道が分かれる。
P1270396ネット沿い.JPGネット沿い
P1270397林道分岐・ネットのゲート.JPG林道分岐・ネットのゲート

八丁坂の峠で左に大小2体の石仏を見る。坂を少し下ったところにも石仏がある。ここから右の山側に掘割り状の山道があり、これに取り付く。
P1270398峠の石仏2体.JPG峠の石仏2体
P1270408峠横道側の石仏.JPG横道側の石仏
P1270409旧参道入口(逆方向).JPG掘割状の山道入口(逆方向)

道沿いにネットが張られ、右へ巻きながら続く。道幅は広いが倒木等でやや荒れているところがある。まもなく左の草むらに「法莝石書塔」と刻まれた小塔を見る。文化八年 施主 杉谷生 塚堂?玄」と銘がある。
さらに少し行くと倒壊した石鳥居と出合う。どうも狗留孫山への旧参道らしい。地下上申絵図にも「観音道」と記された道が描かれ、鳥居の絵もある。
P1270410ネット沿いのやや荒れた参道.JPGネット沿いの旧参道
P1270411石塔(法坐石書塔).JPG石塔
P1270412倒壊石柱.JPG倒壊石鳥居
P1270413植林・ネット沿い.JPG植林・ネット沿い

尾根を回り込むあたりでカヤやシダのヤブが濃くなったので、進むのをあきらめる。絵図によれば、山越えをして修禅寺下の登山道へ抜けるようだ。冬季にいつか歩いてみたい。
P1270415カヤ被り.JPGカヤ被り
P1270417シダ被り.JPGシダ被り

少し戻って広い谷へ入る。踏み跡はないが雑木疎林で歩きやすい。そのまま詰めると雑木に囲まれた370m平坦ピークへ出る。
P1270418広い疎林谷を上る.JPG広い疎林谷を進む
P1270420 370m平坦ピーク.JPG370m平坦ピーク

左へ向かい、少し登るとヒノキ植林境となり、登り切ると平坦尾根上の418mピークへ着く。尾根をそのままたどり、次の平坦ピークで旧町境と合わさる。
P1270421ヒノキ植林境出合い.JPGヒノキ植林境出合い
P1270423 418mピーク.JPG418mピーク
P1270425支尾根分岐点のプラ杭.JPG旧町境にあるプラ杭

ここからはややヤブ気味の雑木尾根をたどる。430mピークを二つ越え、最後は尾根を外れ左(西)方向へ雑木林を下ると鞍部へ出る。ここで豊浦町側の豊原からの山越えの道と出合う。地下上申絵図に「水取垰」と記されているのがこの峠と思われる。
P1270426雑木ヤブの下り.JPG雑木ヤブの下り
P1270427雑木疎林鞍部.JPG雑木疎林鞍部
P1270430 430mピーク①.JPG430mピーク①
P1270433 430mピーク②.JPG430mピーク②
P1270436疎林鞍部・水取垰?.JPG疎林鞍部・水取垰?
P1270439倒石柱(豊原への山道方向).JPG倒石柱

山道を豊原方向へ少し進み、右の尾根へ取り付く。少し登ると雑木尾根に明瞭な切り開きが現われた。登り切ると440m平坦尾根へ出る。少し先の鞍部で石杭を見る。
P1270440山道・尾根取り付き.JPG山道・尾根取り付き
P1270443雑木尾根切り開き・赤ポール.JPG雑木尾根切り開き・赤ポール
P1270444440m支尾根合流点.JPG440m平坦尾根
P1270445鞍部・石杭.JPG鞍部の石杭

平坦尾根を進み少し登ると岩が現われた。7石ほど尾根上に固まっている。高いのでも3mほどだが、これが「狼岩」と思われる。
P1270446狼岩①.JPG狼岩
P1270448斜め後ろ側.JPG岩(逆方向)
P1270452次の岩.JPG次の岩
P1270453後ろ側.JPG岩(逆方向)

平坦尾根を進み、右にヒノキ林を過ごし少し登ると平坦尾根上に四等三角点を見る。設置が新しいのかコン杭に真鍮製の鋲が打たれている。
P1270454鞍部・石杭・植林境.JPG石杭・植林境
P1270455雑木尾根.JPG雑木尾根
P1270456 461.8m山頂.JPG三角点山頂
P1270457四等三角点(真鍮製).JPG四等三角点

山頂を南方向に少し下ったところに小岩が見え、その下にも岩がありそうなので降りて行ってみた。
岩の下側へ回りこむと高さ5m程の巨岩が二つ並んでいる。「さては、こちらが狼岩か」と思ってみたが、地下上申境目書には「狼岩を境に八丁坂へ行キ、…」とあることから、尾根上にある先ほどの岩を狼岩と考えるのが自然だろう。
P1270462上方から・手前の小岩.JPG巨岩(上方から)・手前の小岩
P1270458狼岩② 後ろ側.JPG巨岩(逆方向)
P1270460斜め横側.JPG巨岩(側面)

尾根を先に進み少し下っていくと、幹に赤の矢印の金属板が付けてある。以前この山域で見たものと同じものだ。ここで切り開きが右(北方向)へ変わるので、それにしたがってたどる。矢印と同じく古いもののようだが、社名入りの立入禁止札もあり、この先もしばらく続く。旧町境を外さなければよかろうと先を進む。
P1270463山頂尾根.JPG山頂尾根
P1270465切り開き折れ点.JPG切り開き折れ点
P1270466赤い矢印看板.JPG赤い矢印板
P1270467雑木尾根切り開き.JPG切り開きの下り

430m鞍部を登り返すとしばらくヤセ尾根の切り開きが続く。
P1270469 430m鞍部.JPG430m鞍部
P1270470雑木尾根上り.JPG雑木尾根上り
P1270473雑木やせ尾根.JPG雑木やせ尾根
P1270474450mピーク②.JPG雑木やせ尾根

440m鞍部で掘割状の古い峠道と出会う。ここが地下上申絵図や追而境目書に記された「釜ヶ口垰」と思われる。
右谷のすぐ下から水音が聞こえ、沢が見えたので、古道をたどって降りてみた。下の集落からここまで沢水を汲みに上がって来たのかもしれない。
P1270475 440m鞍部・釜ヶ口垰.JPG440m鞍部・釜ヶ口垰?
P1270476掘割り状の鞍部(東方向から).JPG掘割状鞍部(東方向から)
P1270477垰東下方の沢.JPG東下方の沢

ふたたび切り開き尾根を登り、470m、510mの平坦尾根をたどる。
P1270479雑木尾根切り開き上り.JPG切り開き上り
P1270481ヤセ尾根.JPG470m平坦尾根
P1270483灌木ヤブ気味の上り.JPG灌木ヤブ気味の上り
P1270484 510m平坦尾根東端部.JPG510m平坦尾根東端部
P1270485十條製紙コン杭・川棚村有林石杭.JPG十條製紙コン杭・川棚村有林石杭
P1270487 510m平坦ピーク.JPG510m平坦ピーク
P1270489雑木切り開き.JPG雑木切り開き

最後はややヤブ気味の雑木尾根となり、旧3町境の560mピークに着く。以前ここが「水取頭(水取山)」と考えていたが、杢路子村の地下上申や絵図をよく見ると、どうもこのピークは「五番尾頭」ではないかと思われる。したがって、「水取頭」は次の590mピーク①から③のいずれか、あるいは三つのピーク全体と考えたほうがよさそうだ。
P1270492 560mピーク.JPG560mピーク

一部切り開きが不明瞭な所や草被りのある590mの3ピークを越えると、580m鞍部で上畑コースと出合う。
P1270494雑木尾根切り開き.JPG切り開き
P1270496 580m平坦小ピーク.JPG580m平坦小ピーク
P1270499 590mピーク.JPG590mピーク①
P1270502雑木ヤブ.JPG雑木ヤブ
P1270502雑木ヤブ.JPG不明瞭な雑木ヤブ
P1270504 560m鞍部.JPG560m鞍部
P1270506 570m小ピーク.JPG570m小ピーク
P1270508590mピーク②.JPG590mピーク②
P1270509 590mピーク・倒石柱.JPG倒石柱
P1270511 570m鞍部.JPG570m鞍部
P1270513 590mピーク③.JPG590mピーク③
P1270514雑木尾根下り.JPG雑木尾根下り
P1270515峠鞍部・上畑コース出合い(南方向).JPG鞍部・上畑コース出合

今回は登山コースを経由せず、鞍部から雑木疎林の旧町境を直登し、狗留孫山山頂へ出た。
山頂には若いカップルが下山支度をしていた。
P1270517山頂直登の切り開き尾根.JPG山頂直登の切り開き
P1270518狗留孫山山頂.JPG狗留孫山山頂
P1270519 590mピーク③方向.JPG590mピーク③方向

帰路は久しぶりに杉谷コースを下ってみた。奥の院はパスし、修禅寺へ立ち寄る。
P1270524鞍部を横切る.JPG鞍部を横切る
P1270525急斜面上の巻き道.JPG急斜面上の巻き道
P1270526平坦鞍部の大木.JPG平坦鞍部の大木
P1270528奥の院分岐(逆方向).JPG奥の院分岐
P1270530修禅寺石垣横の山道.JPG修禅寺石垣横の山道
P1270532観音岩.JPG観音岩
P1270535修禅寺.JPG修禅寺
P1270541.JPG一本杉
P1270542一本杉から修禅寺.JPG一本杉から修禅寺
P1270543参道.JPG参道
P1270544八十四番札所.JPG八十四番札所
P1270545八十七番札所.JPG八十七番札所
P1270548鹿.JPG鹿
P1270550.JPG案内図
P1270552参道入口(逆方向).JPG参道入口(逆方向)
P1270553石仏3体.JPG石仏3体
P1270554杉谷・横道分岐.JPG杉谷・横道分岐(左、逆方向)
コメント(0)