So-net無料ブログ作成

大滝頭・鯨ヶ岳・札か辻山(美祢市美東町絵堂) [県北部の山]

前回(5月31日)に続き鯨ヶ岳周辺を歩く。今回は上りは少し荒れた中国自然歩道から南東尾根を伝い、大滝頭を経由し山頂をめざす。帰路は11年前とは逆ルートで市境の植林尾根を東へたどり、札か辻山山頂から鉄塔巡視路を下る。(2015.06.06)
P1250564尾根上から鯨ヶ岳.JPG市境尾根から鯨ヶ岳
鯨ヶ岳.jpg (1,2クリックで拡大)

●駐車地~中国自然歩道~峠
国道490号線を笹目峠へ向かい二反田集落に入ると、中国自然歩道の道標と駐車スペースがある。
道標に従い、自然歩道を兼ねた林道を北東の宮の馬場方向へ向かう。最近車両の通行はないようで、路上に草が茂るところや左右の灌木が被り気味のところもあるが、歩くには概ね支障はない。
P1250426自然歩道道標・林道入口.JPG自然歩道道標・林道入口
P1250429林道.JPG林道
P1250431林道.JPG林道

途中、自然歩道の道標や標識を過ごすと切通しの峠へ着く。
P1250433道標.JPG道標
P1250436 3級水準点.JPG新設された3級水準点
P1250438歩道標識.JPG歩道標識
P1250439峠.JPG

●~528mピーク~大滝頭~大滝コース合流点
峠から右の植林尾根へ取り付く。一部雑木林が残るところもあるが、植林境尾根が続き、ひどいヤブ漕ぎのところはない。
P1250442植林尾根.JPG植林尾根
P1250444 2級基準点.JPG新設された2級基準点

左右からの支尾根が合わさるのを確認しながら登ると528mピーク手前で平坦尾根上へ出る。9年ほど前、下山時にここから北東尾根を伝い大滝コースへ出たことがある。下方の尾根を眺めた限りでは灌木が茂り、多少歩きにくそうだ。
P1250446 330mピーク.JPG330mピーク
P1250447植林境鞍部.JPG植林境鞍部
P1250450植林境・シダ.JPG植林境・シダ
P1250452雑木尾根.JPG雑木尾根
P1250453左支尾根が合流.JPG左支尾根が合流(340m)
P1250454雑木平坦尾根.JPG平坦雑木尾根
P1250456植林尾根境.JPG植林境
P1250457植林下の灌木.JPG灌木が茂る植林境
P1250458右からの平坦尾根へ上がる.JPG平坦尾根へ上がる(440m)
P1250460 450m平坦ピーク・右へ折れる.JPG450m平坦ピーク
P1250463碁盤ヶ嶽.JPGピークから碁盤ヶ嶽
P1250466植林境.JPG植林境
P1250467 470mピーク・左へ.JPG右から支尾根合流・左へ
P1250469植林境.JPG植林境
P1250470 490mピーク.JPG510mピーク
P1250471 500m鞍部.JPG鞍部・右へ
P1250472植林境.JPG植林境
P1250473植林境・灌木.JPG植林境・灌木
P1250474 520m支尾根合流点.JPG右から支尾根合流(520m)
P1250475右支尾根側・灌木.JPG右支尾根側(下方)
P1250476 528mピーク.JPG528mピーク

この先もこれといったヤブのないヒノキ林境の尾根が続き、最後に緩い鞍部を登り返すと先日歩いた大滝頭に着く。 
P1250477植林境.JPG植林境
P1250478 520mピーク.JPG520mピーク
P1250480植林並木・鞍部.JPG植林並木・鞍部
P1250481植林境.JPG植林境
P1250482雑木尾根.JPG雑木尾根
P1250483 520m支尾根合流ピーク・左植林境・コン杭.JPG520m支尾根合流ピーク
P1250484植林境.JPG植林境
P1250486植林尾根・雑木.JPG植林・雑木
P1250488植林尾根・570m.JPG植林尾根(570m)
P1250489植林境・580m.JPG植林境(580m)
P1250491植林鞍部.JPG鞍部
P1250492 590mピーク・大滝頭.JPG590mピーク(大滝頭)
P1250493「九七」コン杭ほか.JPG「九七」コン杭ほか

右折し、ヒノキが並ぶ平坦尾根を少したどると萩市との境尾根に出て、大滝コースと合わさる。
P1250494植林境の平坦尾根.JPG植林境の平坦尾根
P1250495大滝コース合流点.JPG大滝コース合流点

●~鯨ヶ岳山頂
先日歩いたので割愛し写真のみ掲載する。
前回はガスがかかり展望が得られなかったが、南面の展望を楽しむことができた。
P1250496 590mピーク.JPG590mピーク
P1250497植林境.JPG植林境
P1250498植林境鞍部.JPG鞍部
P1250499 560mピーク・左折.JPG570mピーク・左折
P1250501雑木尾根.JPG雑木尾根
P1250502 610m支尾根合流点.JPG610m左支尾根合流
P1250504中電標柱.JPG中電標柱
P1250505鯨ヶ岳山頂.JPG鯨ヶ岳山頂
P1250506山頂(逆方向).JPG山頂(逆方向)
P1250513展望岩.JPG展望岩
P1250514荒滝山.JPG荒滝山
P1250515秋吉台.JPG秋吉台
P1250517雁飛山・華山.JPG雁飛山・華山
P1250511桂木山.JPG桂木山
P1250510天井山.JPG天井山

●鯨ヶ岳山頂~大滝コース分岐~札か辻山
帰路は大滝コースを分岐までたどり、東方向へ延びる市境尾根をそのまま下った。概ね植林境の尾根が続き、一部シダ被りや灌木ヤブがあるものの長くは続かず比較的歩きよい。
480m小ピークでは左のシダヤブの中に地籍図根三角点がある。ここで東へ方向が変わる。
P1250518植林境.JPG植林境
P1250519植林境鞍部.JPG植林境鞍部
P1250520道標・大滝コース右へ.JPG道標・大滝コース右へ
P1250521  570mピーク.JPG570mピーク
P1250524植林境・540m.JPG植林境(540m)
P1250526植林境・490m.JPG植林境(490m)
P1250527地籍図根三角点・480m.JPG地籍図根三角点(480m)
P1250530植林境・450m.JPG植林境(450m)

420m鞍部を登り返し、430mピークから南東方向の尾根へ下るところで灌木ヤブとなるが長くはない。
P1250532 420鞍部.JPG420m鞍部
P1250533右の谷.JPG鞍部右側の谷
P1250536 430m平坦ピーク.JPG430mピーク
P1250538灌木ヤブ.JPG灌木ヤブ

平坦尾根のアップダウンが続く。ところどころシダが被るところもある。
P1250544 430mピーク.JPG430mピーク
P1250545シダ被り.JPGシダ被り
P1250540植林尾根.JPG植林尾根
P1250549シダ.JPGシダ
P1250551 420m小ピーク.JPG420m小ピーク

不明瞭な箇所は380m鞍部手前の420mピーク付近である。地形図記載の市境尾根は雑木ヤブとなっており、測量杭やテープはひとつ手前の植林尾根に付けられている。地形図の市境が違っているのかもしれない。ピーク手前に倒木とコン杭「一八」があり、その手前から植林境が下っているので、これを下ると380m鞍部へ着く。
P1250553尾根上の倒木.JPG尾根上の倒木
P1250554コン杭「一八」・倒木.JPGコン杭「一八」・倒木
P1250555 410mピーク.JPG420mピーク
P1250556市境?雑木尾根.JPG市境方向の雑木尾根
P1250557分岐の植林境.JPG分岐の植林境
P1250560植林小尾根.JPG植林小尾根
P1250561 380m鞍部.JPG380m鞍部

植林境を登り返すと434mピークの札か辻山へ着く。山頂には地籍図根三角点がある。樹木に遮られ展望は樹間越しわずかに得られる程度である。ピーク先端で巡視路と出合う。巡視路は北支尾根方向と市境の東方向へ分かれる。
P1250562植林境.JPG植林境
P1250566札か辻山山頂.JPG札か辻山山頂
P1250568北支尾根方向の巡視路.JPG北支尾根方向の巡視路

●~鉄塔No.105~林道入口(大滝コース登山口)~駐車地
市境尾根上の巡視路を下っていくと380mピークで鉄塔No.105に出合う。地形図上の高圧線位置は違っている。東側半面の展望が得られる。
11年前、この鉄塔をめざし巡視路の取り付きを探したが見つからず、笹目峠から植林境を直登した。
P1250569巡視路.JPG巡視路
P1250571 410m平坦ピーク.JPG410m平坦ピーク
P1250572 410m小ピーク.JPG410m小ピーク
P1250573巡視路.JPG巡視路
P1250574鉄塔No.105.JPG鉄塔No.105
P1250575碁盤ヶ岳.JPG碁盤ヶ岳
P1250576小鯨.JPG鯨ヶ岳(小鯨)
P1250577十種ヶ峰(遠望).JPG十種ヶ峰(遠望)
P1250578高羽山.JPG高羽山
P1250579高圧線.JPG雲雀山

そのまま巡視路をたどると植林谷へ下り、耕作地に出たところで鉄塔標柱を見る。畦道をたどると大谷コース登山口の看板が立つ林道入口あたりに出る。
P1250580植林境の巡視路.JPG植林境の巡視路
P1250582植林尾根上の巡視路.JPG植林尾根
P1250583植林谷.JPG植林谷
P1250584炭焼窯跡.JPG炭焼窯跡
P1250585小土堰堤.JPG小土堰堤
P1250586中電標柱.JPG中電標柱
P1250587畦道.JPG畦道
P1250588大滝コース登山口.JPG大滝コース登山口

■山名考

◆大滝頭
2015年5月31日の山行報告に記しているので省略。
◆札か辻山
『防長地下上申』小野村の項の隣村境書に山名が見える。山頂の位置については『美東町史 資料編』地名地図に拠った。

コメント(0)