So-net無料ブログ作成

桜山〈山ヶ峠ルート〉(美祢市伊佐町山中) [県北部の山]

桜山を山ヶ峠側から歩いてみた。往路は鉄塔巡視路に取り付き南西尾根へ上がり、測量の切り開きを利用しながら登る。帰路は南原寺から旧山道を下ってみたが、後半はかなりの荒れ道となっている。(2014.06.24)
P1160845 桜山.JPG山ノ峠側から桜山方向
桜山2.jpg (クリックで拡大)

山ヶ峠集落付近は道が狭く適当な駐車地がないので、東の峠へ向かう途中の幅広スペースへ駐車。
一旦下り山ヶ峠集落を抜け、コンクリート橋を渡ってすぐに送電線巡視路へ取り付く。
P1160842262mピーク.JPG南西尾根262mピーク
P1160844 第7番霊場.JPG石仏(第7番霊場)
P1160847巡視路取り付き(逆方向).JPG巡視路取り付き(逆方向)

竹林を抜け、植林帯沿いに左へ巻くと支尾根へ出る。
P1160848竹林.JPG竹林
P1160849植林沿い.JPG植林沿い
P1160850支尾根.JPG支尾根

さらに左へトラバースしながら進み、スギ谷へ入る。
P1160851巻き道.JPG巻き道
P1160852巻き道.JPG巻き道
P1160853スギ谷を登る.JPGスギ谷を登る

プラスチック階段が設置された谷を詰め、雑木林に変わると主尾根へ出る。
P1160854雑木の谷.JPG雑木の谷
P1160856主尾根へ出る.JPG主尾根へ出る

左へ少し下ったところに鉄塔が立つ。
P1160858鉄塔.JPG鉄塔
P1160859 あわぐろ山方向.JPGあわぐろ山方向

分岐へ戻り直進すると、すぐに石垣のある平坦地と出会う。旧鉄塔地と思われ、何かの事情で現在地へ移転したのだろう。
P1160857石垣(旧鉄塔地跡?).JPG石垣の平坦地

この先巡視路は不明となり、262mピークから北東方向へ右側植林沿いに主尾根を進む。昨年測量に入ったらしく測量テープが続き、尾根上には切り開きがある。
P1160861 262mピーク.JPG262mピーク
P1160862ヒノキ林.JPG右側ヒノキ林
P1160863植林沿い.JPG植林沿い
P1160864雑木尾根.JPG雑木尾根

平坦鞍部から小ピークを右に巻きながら進むと、主尾根を横切ったところで山道と出会う。右折すれば峠を越えて南側の支尾根へ向かうが、ここは左に取ってすぐ右斜面の切り開きを登る。なお峠から尾根を少し登ったところに旧墓地があるが、踏み跡もなく最近参られた様子はない。
P1160866右へトラバース.JPG右へトラバース
P1160867ふたたび主尾根へ.JPG主尾根方向へ
P1160869鞍部・分岐.JPG山道出合い
P1160870右の峠へ山道分岐.JPG右の峠方向の山道
P1160876鞍部からの取り付き.JPG主尾根取り付き
P1160877植林斜面を登る.JPG植林斜面を登る
P1160878主尾根へ出る.JPG主尾根へ出る
P1160875旧墓地.JPG旧墓地

尾根伝いに登り260m平坦ピークを過ぎると、伐採地へ出て地籍図根三角点を見る。測量のため伐採されたらしく、切り開き方向に鳥の子山などが展望できる。
P1160879 260m平坦ピーク.JPG260m平坦ピーク
P1160880 270m測量伐採地.JPG270m測量伐採地
P1160881地籍図根三角点.JPG地籍図根三角点
P1160882あわぐろ山.JPGあわぐろ山
P1160884鳥の子山.JPG鳥の子山

竹林を抜け、支尾根が左から合流すると右へ向かう。
P1160886竹林.JPG竹林
P1160887 280m支尾根合流点.JPG支尾根合流点

336mピークと次のピークを越え一旦鞍部へ下ると、列状に置かれた石があり、境界石と思われる石杭を見る。
P1160888竹・雑木尾根.JPG竹交じりの雑木尾根
P1160890 336mピーク.JPG336mピーク
P1160891 320mピーク.JPG320mピーク
P1160892雑木鞍部.JPG鞍部方向
P1160894平坦鞍部・列石.JPG鞍部の列石P1160895境界石杭.JPG境界石杭

ここで左右に幅広の巻き道が続くので左の道へ向かう。竹林を抜け、植林沿いに進む。
P1160896右のトラバース道.JPG右のトラバース道
P1160898竹林・左のトラバース道.JPG左のトラバース道・竹林
P1160899トラバース道.JPGトラバース道

途中「宇部興産」のコンクリート製の境界杭をいくつか見ながら進む。上方へ向かう切り開きが見当たらず、結局西尾根の鞍部に出た。
P1160900宇部興産コンクリート杭.JPG宇部興産コンクリート杭
P1160902支尾根を切る溝状道.JPG支尾根を切る溝状道
P1160903鞍部.JPG鞍部

ここで北方向へ道が下るが、右の植林尾根上に測量テープが続いているので、これをたどって尾根を登る。
P1160904鞍部から北側へ下る山道.JPG北側へ下る山道
P1160905植林尾根.JPG植林尾根

植林尾根から雑木尾根となり、伐採ヤブの斜面に出る。ヤブを抜けていくと伐採地上に地籍図根三角点を見る。
P1160908 400m平坦ピーク前.JPG雑木尾根
P1160910伐採ヤブ(逆方向).JPG伐採ヤブ(逆方向)
P1160911 400m測量伐採地・地籍図根三角点.JPG伐採地・地籍図根三角点
P1160912鳥の子山.JPG鳥の子山
P1160913 380mピーク.JPG北西方向の380mピーク

そのまま主尾根方向へ進むと、境界から外れるのか測量テープは消える。竹ヤブから雑木疎林ヤブを抜けていくと岩に出会う。左に植林帯が現れ、別の岩に出会う。
P1160915竹まじり.JPG竹まじり
P1160918雑木尾根.JPG雑木疎林
P1160919岩.JPG
P1160922岩(逆方向).JPG次の岩(逆方向)

この先小岩が散在する尾根を進むと平坦尾根上でふたたび測量テープと出会う。テープは右下の支尾根へ下っており、切り開きが続いているので、こちらからも登れるかもしれない。
P1160923植林境.JPG植林境
P1160924小岩が散在する尾根.JPG小岩が散在する尾根
P1160925南支尾根方向の切り開き.JPG南支尾根方向の切り開き

小ピークを越え、測量の切り開きが続き歩きやすくなった平坦尾根を進むと、いつの間にか440mピークを過ぎ鞍部へ出る。前方に伐採斜面が見える。
P1160926 平坦小ピーク.JPG平坦小ピーク
P1160927鞍部.JPG鞍部
P1160928前方に測量伐採地.JPG前方に測量伐採地

測量伐採地へ出ると、岩上に金属製の地籍図根三角点がある。
P1160930岩上の金属製地籍図根三角点.JPG地籍図根三角点
P1160933測量伐採地.JPG測量伐採地
P1160931図根三角点から380mピーク方面.JPG図根三角点から380mピーク方向

雑木尾根の切り開きを進み植林帯に付けられた踏み跡をたどって下っていくと、峠の少し北側で幅広山道へ出る。
P1160934雑木尾根の切り開き.JPG雑木尾根
P1160935植林斜面の踏み跡.JPG植林斜面の踏み跡
P1160936山道へ出る(逆方向).JPG幅広山道へ出る(逆方向)

峠まで登ると、道は南へ下り南原寺方向へ向かうが、ここで左の植林帯へ入り山頂を直接めざすことにする。
P1160937峠.JPG
P1160939南方向の山道.JPG南方向の山道

切り開きや踏み跡もない植林帯を抜け、だだっぴろい雑木尾根を進むと、最高部で桜山山頂の小空間に抜け出て、二等三角点を見る。樹木に囲まれ展望は得られない。
P1160940植林・灌木ヤブ尾根.JPG植林・灌木ヤブ
P1160941雑木疎林.JPG雑木疎林
P1160942平坦雑木疎林.JPG平坦雑木疎林
P1160943三角点ピーク手前.JPG三角点ピーク手前
P1160944桜山二等三角点山頂.JPG桜山二等三角点山頂

少し下ると、通信施設が立つ林道終点部に出る。
P1160946管理道へ出る.JPG管理道終点へ出る
P1160947通信施設.JPG通信施設

フェンスで囲われた古墳群を右に過ごし、車道へ出る。
P1160950古墳群.JPG古墳群
P1160951分岐(右へ).JPG管理道分岐(右へ)
P1160952車道へ出る(逆方向).JPG車道へ出る(逆方向)

NHKテレビ中継所などを経由し、やや荒れた遊歩道を歩きながら展望台があるピークへ着く。そばに大岩がある。
P1160954 NHKテレビ塔.JPGNHKテレビ中継所
P1160955やや草被りの遊歩道.JPGやや草被りの遊歩道
P1160956車道へ出る.JPGふたたび車道へ
P1160958展望台.JPG展望台
P1160959岩.JPG大岩

展望台でやや靄がかかる周辺の展望を楽しんだあと、南原寺へ向かう。
P1160960三角点ピーク方向.JPG三角点ピーク方向
P1160964谷山・雁飛山・天竺.JPG谷山・雁飛山・天竺
P1160967城山・日ノ岳・荒滝山.JPG城山・日ノ岳・荒滝山
P1160969金毘羅山.JPG金毘羅山
P1160972厳昌寺山・あなぐろ山.JPG厳昌寺山・あなぐろ山
P1160973南原寺への分岐.JPG南原寺への分岐

「なる地蔵」などを参拝し、「岩屋不動明王1000m」の道標が立つところから巻き道へ入る。
P1160974スダジイ案内板.JPGスダジイ案内板
P1160983南原寺案内板.JPG南原寺案内板
P1160985なる地蔵.JPGなる地蔵
P1160986なる地蔵案内板.JPGなる地蔵案内板
P1160987下山道入口.JPG下山道入口

坊跡、スダジイの古木(6号木)などを見ながら進むと、「岩屋不動明王450m」の道標がある分岐へ出る。
P1160988山道.JPG巻き道の山道
P1160989スダジイ6号木.JPGスダジイ(6号木)
P1160992山道分岐.JPG山道出合い

左折し、不動明王とは反対方向の南側へ下る。落ち葉が深く積もる幅広の山道を下る。
P1160993下山道.JPG山道
P1160994幅広道.JPG幅広道

平坦道へ出て、左に庚申塚を見る。旧山道は直進方向に残るが倒木でかなり荒れているので、左折し平坦道を少し行くと、ヒノキ植林帯へ出る。
P1160996庚申塚.JPG庚申塚
P1160997植林境へ出る.JPG植林帯へ出る

植林沿いに右へ下ると山道が現れる。そのまま下っていくと右側植林帯へ出る。
P1160998山道が続く.JPG山道が現われる
P1160999植林沿いの山道.JPG植林沿いの山道

ササが被る幅広道を下っていき、雑木林に入ると間もなくササヤブの荒れ道に変わる。
P1170001岩・ササ道.JPGササ道
P1170002雑木林に変わる.JPG雑木林に変わる
P1170003ササヤブ.JPGササヤブ
P1170004下草が被る.JPG下草が茂る
P1170005ササ道.JPGササ道

これを何とか抜けると竹林沿いの幅広平坦道に出る。右折しふたたびヤブを分けながら進むと林道と出会う。
P1170007竹林沿いの平坦道へ出る.JPG竹林沿いの平坦道へ出る
P1170008下草が被る.JPG下草が被る
P1170009林道へ出る.JPG林道へ抜ける

左折し竹林の中を下っていくと植林に変わり、集落道へ出る。
P1170010竹林沿い.JPG竹林
P1170012.JPG竹林
P1170013植林沿い.JPG植林
P1170014舗装道へ出る.JPG集落道出合い

右折して民家近くまで行くと、突然犬小屋に入っている数匹の犬がけたたましくほえ始めた。入口に鉄扉があり開いてあったが、民有林道の可能性もあり、犬小屋のそばを通る気もしないので、大回りとなるが堂下集落経由で駐車地へ戻った。
途中の看板によると、犬小屋の犬は警察犬用などに訓練されているらしい。
P1170015舗装道.JPG集落道
P1170017車道へ出る.JPG南原寺からの車道出合い
P1170019庚申塚.JPG庚申塚・64番霊場

コメント(0)