So-net無料ブログ作成
検索選択

狗留孫山・鷲ヶ嶽〈大谷川ルート・漆尾川ルート〉(山口市徳地堀) [県央部の山]

参道コースの東側、大谷川を遡るルートで狗留孫山をめざし、鷲ヶ嶽まで縦走の後、漆尾側へ下ってみた。
大谷川沿いのルートは、途中まで林道が延びているが倒木等で荒れており、最近車両が通った形跡はない。林道が消失し踏み跡をたどる。谷分岐を確実に取れば難所は特にない。尾根鞍部からは切り開きにテープがあるが、やや荒れている。
鷲ヶ嶽からは尾根伝いに漆尾側へ下ったが、途中からは切り開きが不明瞭となる。(2014.04.10)
狗留孫山・鷲ヶ嶽.jpg (クリックで拡大)

法華寺の駐車場を借りる。
P1150457法華寺.JPG法華寺

中国自動車道の手前で参道コースを左に分け、ガード「徳地8」をくぐる。
分岐で右折し、その先の分岐は左に取る。
P1150459参道コース分岐.JPG参道コース分岐
P1150460林道分岐.JPG林道分岐

墓地を左に過ごすとコンクリート橋を渡り未舗装のやや荒れた林道へ入る。
P1150461墓地.JPG墓地
P1150462コン橋・林道入口.JPGコン橋・林道入口

植林帯沿いに林道をたどり、丸木橋や鉄板橋で何度か沢を渡り替えながら進む。
P1150463林道・.JPG林道
P1150466林道.JPG林道
P1150470林道.JPG林道
P1150471丸木橋.JPG丸木橋
P1150472鉄板橋.JPG鉄板橋
P1150473鉄板橋.JPG鉄板橋

ナメ滝を右に見て、すぐ先の丸木橋で対岸へ渡る。
P1150474ナメ滝.JPGナメ滝
P1150475丸木橋.JPG丸木橋
P1150476林道.JPG林道

倒木で林道が不明瞭となると赤ポールを見て沢を渡る。
P1150477倒木・道不明瞭.JPG倒木・道不明瞭
P1150478沢渡り・赤ポール.JPG赤ポール

ところどころ旧道が現われ、沢を渡り替えながら進む。
P1150479林道.JPG幅広の旧山道
P1150480沢渡り.JPG沢渡り
P1150482倒木.JPG倒木
P1150483山道.JPG山道
P1150484沢渡り.JPG沢渡り
P1150486沢沿いのそま道.JPG沢沿いのそま道
P1150489沢を歩く.JPG沢を歩く

ナメ小滝を右に過ごし、左に支谷を分けるところで、そばに「村」と刻まれた石杭を見る。
P1150490ナメ滝.JPGナメ小滝
P1150491支谷分岐.JPG支谷分岐
P1150492「村」石杭.JPG石杭「村」

右にヒノキ谷を過ごし、右斜面ヒノキ林の沢を詰める。
P1150493右ヒノキ林.JPG右のヒノキ谷
P1150494ヒノキ林沿いに沢を詰める.JPG右ヒノキ林沿い

途中、斜面上に道が見えたので少しよじ登ると山道に出会う。
P1150500山道.JPG山道

疎林ヤブとなり道が不明瞭になるが、すぐに抜けると尾根鞍部へ出る。
P1150501鞍部から尾根方向.JPG鞍部から尾根方向

左折し、ピンクテープが付けられた切り開きの雑木尾根を登る。上方になるにしたがいややヤブ気味となる。
P1150504尾根切り開き・テープ.JPG尾根切り開き・テープ
P1150505右の巻き道.JPG右の巻き道
P1150506雑木尾根.JPG雑木尾根
P1150507シダ尾根.JPGシダ尾根
P1150508雑木尾根.JPG雑木尾根
P1150509前方に山頂部.JPG前方に山頂部
P1150511 450m鞍部.JPG450m鞍部
P1150512雑木尾根.JPG雑木尾根
P1150513雑木シダ尾根.JPG雑木シダ尾根
P1150514雑木尾根.JPG雑木尾根

登り切ると狗留孫山山頂よりやや北側の尾根分岐点で縦走路上に出る。
P1150516山道合流部(逆方向).JPG縦走路合流部(逆方向)

左折するとすぐに狗留孫山山頂広場に着く。道標では544.1mの三角点ピーク(鷲ヶ嶽)が山頂であるように示してあるが、本来の狗留孫山山頂はここである。このままだと三角点ピークが山頂であることが定着するだろう。
東方向に展望が開けるが、今日は靄がかかり視界がきかない。
P1150517狗留孫山山頂.JPG狗留孫山山頂
P1150518.JPG
P1150519石ヶ岳.JPG東側の展望

山道を戻り鷲ヶ嶽へ向かう。
明瞭な山道をたどり、穴観音への分岐を左に分けて、右折し斜面を下る。
P1150520縦走路.JPG縦走路
P1150521穴観音分岐.JPG穴観音分岐

小ピークを越え、鞍部より北側へ付けられた道をたどり、急な斜面を頑張ると三角点のある鷲ヶ嶽山頂へ着く。
P1150522道標・分岐.JPG道標・分岐
P1150524ロープ・山道.JPGロープ・山道
P1150525道標・山道上り.JPG道標・山道上り

山頂は小広場となり南側に大きく開ける。
P1150528鷲ヶ嶽山頂.JPG鷲ヶ嶽山頂
P1150531.JPG南側の展望

帰路は西尾根を取り切り開きをたどる。茸の無断採取を制限するためか各所にテープが張られている。次の540mピークで南尾根へ向かってみたが、倒木ヤブが続き断念した。
P1150533雑木切り開き.JPG雑木切り開き

520m平坦ピーク付近は雑木疎林ヤブで切り開きが不明瞭となり、方向を誤りやすい。
P1150537道不明瞭.JPG道不明瞭
P1150538 520m平坦ピーク・テープ.JPG520m平坦ピーク
P1150539北西側支尾根方向.JPG北西側支尾根方向
P1150541 480鞍部.JPG480m鞍部

コン杭「徳地町」のある490mピークで切り開きと分かれ、西支尾根へ下る。これから先は明瞭な切り開きはないので、尾根分岐で注意しないと、いつの間にか別の支尾根を下ってしまい進路修正を余儀なくされる。
雑木疎林のヤブ尾根からだだっ広い平坦尾根に変わる。途中方向を修正し鞍部へ出る。
P1150543 490mピーク・コン杭「徳地町」.JPG490mピーク・コン杭「徳地町」
P1150544西方向の支尾根.JPG西方向の支尾根
P1150547平坦岩(逆方向).JPG平坦岩(逆方向)
P1150548雑木尾根.JPG雑木尾根
P1150550 380m鞍部.JPG380m鞍部

登り返し尾根へ出て左へ進むとすぐに412mピークに着く。
P1150551 412mピーク.JPG412mピーク

尾根を引き返し、410m小ピークから再び西方向へ支尾根を下る。
P1150553410m支尾根分岐ピーク.JPG410m支尾根分岐ピーク
P1150555雑木尾根.JPG雑木尾根

雑木疎林尾根を下っていくと、大岩が連なるところへ出る。シダが被る岩の間を縫いながら慎重に下る。
P1150558大岩群.JPG大岩群
P1150559大岩.JPG大岩
P1150560大岩(逆方向).JPG大岩(逆方向)

雑木尾根からシダ尾根となり、地形図上の破線道と思われるシダ被りの旧道へ出る。
P1150563雑木尾根.JPG雑木尾根
P1150564雑木シダ尾根.JPG雑木シダ尾根
P1150565旧道.JPG旧道

前方の樹間に舗装道が見えたので、そのまま横切り、シダを分けて下ると車道へ出る。
P1150566前方に車道.JPG前方に車道
P1150567車道下山口(逆方向).JPG下降口(逆方向)

漆尾川沿いの舗装道を下り、中国自動車道沿いに歩いて駐車地まで戻る。
P1150568車道.JPG車道
P1150570石仏.JPG路傍の石仏
P1150571自動車道高架橋・分岐(逆方向).JPG高架橋・分岐(逆方向)
P1150572参道コース登山口.JPG参道コース登山口.
コメント(0)