So-net無料ブログ作成

足河内・大寧寺山〈林道赤ノ谷線・野間線周回ルート〉(長門市深川湯本) [県北部の山]

次は林道赤ノ谷線を歩いてみたくなったので、これを利用して足河内へ上がり、大寧寺山まで縦走し、林道野間線へ下る。
前回に懲りず谷詰めで行ける所まで遡るつもりだったが、やや高巻きする箇所でまたもや断念。尾根に取り付いたところこれが正解。縦走箇所では、一部伐採植林地除き、大寧寺山から下った鞍部で植林帯に出会うまで、ずっと雑木尾根が堪能できる。(2013.11.04)
足河内・大寧寺山.jpg (クリックで拡大)

前回と同じく県道沿いのチェーン装着場へ駐車。コンクリート橋を渡って、分岐を右に取り林道赤ノ谷線に入る。
P1120208コンクリート橋.JPGコンクリート橋
P1120209林道が右へ分岐.JPG林道が右へ分岐

その先で右に林道野間線が右に分かれるが、そのまま直進。すぐ先で右に堰堤を過ごす。
P1120210林道分岐.JPG林道分岐
P1120211堰堤.JPG堰堤

古い墓地を左に過ごし、植林帯沿いに林道を進む。ところどころ測量テープが付けられている。
P1120212古い墓地.JPG古い墓地

次の堰堤を過ごし、小滝を見る。
P1120214堰堤.JPG堰堤
P1120215小滝.JPG小滝

道が北西方向に変わるとまもなく、保安林看板に出会う。
P1120217保安林看板.JPG保安林看板
P1120218林道.JPG林道

ナメ状の沢を右に見ながら進み、コンクリート橋で左の谷からの沢を渡る。
P1120219ナメ滝.JPGナメ沢
P1120220渓流沿いの林道.JPG渓流沿いの林道
P1120221コン橋.JPGコン橋

しばらく行くと、右に「湊入口」と書かれた小さな看板を見る。
右にナメ状の渓流が続き、角ばった石が多くなり、道幅も広くなる。
P1120222「湊入口」看板.JPG 「湊入口」看板
P1120224林道.JPG林道

ふたたびコンクリート橋に出会い、左の谷からの沢を渡る。このあたりが林道終点と思われる。
P1120225コン橋.JPGコン橋

シダ道となり、抜けると沢に出会う。ここで谷が左右に分岐する。
P1120226シダ被りの林道.JPGシダ被りの林道
P1120227沢の手前.JPG沢の手前

沢を渡り、いずれの谷にも明瞭な山道はなく、踏み跡程度のようなので、とりあえず左の谷に入る。
P1120229渡渉箇所.JPG渡渉箇所
P1120230直進方向.JPG直進方向

沢沿いに両岸残る踏み跡をたどると、左岸側で炭焼窯跡に出会う。この先沢沿いの斜面が急になり高巻きを余儀なくされるようなので、測量テープが続いているが、無理をせず引き返す。
P1120231左の沢.JPG左の沢
P1120234窯跡.JPG炭焼窯跡

分岐へ戻り、谷を歩く気が失せたので、少し急だが雑木尾根に取り付くことにする。こちらにも測量テープがあり心強い。
P1120235直登尾根.JPG直登尾根

木につかまりながら急勾配の尾根を上がると、やや勾配が緩み、薄いシダ尾根となる。
P1120236シダ尾根.JPGシダ尾根
P1120237勾配が緩む.JPG勾配が緩む
P1120238雑木切り開き.JPG雑木切り開き

「17」と書かれたプラスチック小杭を確認すると鞍部へ出る。前方の樹間に足河内山頂方向が見える。
P1120240小プラ杭「17」.JPG小プラ杭「17」
P1120239足河内方向.JPG足河内方向

広い切り開きの雑木尾根の登りが続く。途中、「16」「15」のプラ小杭を確認する。支尾根の合流点あたりに設置されているようだ。
P1120241雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120243雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120245赤ポール.JPG雑木尾根

勾配が緩むと410mピークに着く。ここにもプラ小杭「14」を見る。
P1120246支尾根合流点.JPG410m支尾根合流点

さらに雑木尾根の切り開きを登り、角石の多い尾根を登り切ると460m小ピークに着く。
P1120247雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120248角石の多い雑木尾根.JPG角石の多い雑木尾根
P1120249 460m手前小ピーク.JPG460m小ピーク

一旦古いコンクリート小杭のある鞍部へ降り、踏み跡が不明瞭な尾根を登りかえすと、主尾根上の460m平坦ピークに出る。
P1120250鞍部のコン杭.JPG鞍部のコン杭
P1120251 460m平坦ピーク.JPG460m平坦ピーク


左折すると一昨日と同じく大寧寺垰山へ縦走できるが、今回はここで右折し、逆方向で足河内をめざす。
平坦気味の雑木尾根を進むと旧市町境の460mピークに着く。石杭と黄色の市町境プラ杭がある。
P1120252雑木疎林.JPG雑木疎林
P1120253平坦尾根.JPG平坦尾根
P1120254平坦尾根.JPG平坦尾根
P1120258 460mピーク・旧市町境プラ杭・石杭.JPG460mピーク

左方向の「見の越」へ続く尾根は低木が茂りややヤブ気味だが、すぐ先から雑木尾根の切り開きが続いている。
P1120259 西尾根方向.JPG西尾根

ここで右折し、小ピークを越えて平坦尾根を進むと、小伐採されたこのところ三度目の足河内山頂に出る。
三角点と東側の展望を確認する。
P1120260平坦雑木尾根.JPG平坦雑木尾根
P1120262 次の460m小ピーク.JPG次の460m小ピーク
P1120263雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120264足河内山頂手前.JPG足河内山頂手前
P1120265足河内山頂.JPG足河内山頂
P1120266四等三角点.JPG四等三角点
P1120268鉄割山.JPG鉄割山

今度は次の400mピーク、大寧寺山をめざす。広い平坦尾根を進むと、石杭や小コン杭「5」などがある尾根分岐点に着く。
P1120269雑木疎林.JPG雑木疎林
P1120270平坦尾根.JPG平坦尾根
P1120271支尾根分岐・コン杭「5」・石杭.JPG支尾根分岐

ここで右折して旧市町境とわかれる。雑木尾根を進み、小ピークを越えると、次の支尾根分岐で右の支尾根へ下る。分岐を見落としやすいので、分岐点の黄色のプラ杭や赤の小プラ杭を確認する。
P1120272雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120273 430m支尾根分岐点.JPG430m支尾根分岐点
P1120274分岐点のプラ杭(逆方向).JPG分岐点のプラ杭(逆方向)

さらにすぐ先にも支尾根分岐があり、注意しながら左の支尾根へ下る。
P1120275雑木尾根.JPG雑木支尾根

雑木尾根を下ると倒木等でやや荒れた広い鞍部に出る。抜けていくと鞍部先端の支尾根分岐で小コン杭「4」を見る。
P1120277 400m鞍部.JPG400m鞍部付近
P1120278 鞍部先端・コン杭「4」.JPG鞍部先端・コン杭「4」

左の支尾根を取り、下っていくと快適な雑木尾根となる。
P1120279雑木尾根切り開き.JPG雑木尾根切り開き
P1120280平坦雑木尾根.JPG平坦雑木尾根

鞍部から上りになり、380mピークに着く。
P1120281雑木尾根.JPG雑木尾根鞍部
P1120282 380m小ピーク.JPG380m小ピーク

さらに緩い勾配の平坦尾根を登っていくと、低木がやや群生した400m山頂、大寧寺山に着く。そばにコンクリート杭がある。展望は樹木に遮られ得られない。
P1120283雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120284雑木ヤセ尾根.JPG雑木ヤセ尾根
P1120285雑木切り開き.JPG雑木切り開き
P1120286雑木ヤセ尾根.JPG雑木ヤセ尾根
P1120290 400mピーク手前.JPG400mピーク手前
P1120291 400mピーク(大寧寺山).JPG大寧寺山山頂
P1120293コン杭.JPGコン杭

そのまま東方向へ雑木細尾根を進むことにする。すぐ先の小ピークで小コン杭「3」を見て、さらに進むと、防獣ネットが張られた伐採植林のピークへ出て、前方が一気に開ける。
P1120294山頂部細尾根.JPG細尾根
P1120295 コン杭「3」.JPGコン杭「3」
P1120297 380m小ピーク.JPG380mピーク
P1120298 380m小ピーク・ネット.JPG380mピーク・ネット

長門市街地や鉄割山などの展望が大きく広がる。雑木林が伐採されヒノキが植えられたようだ。ここまで雑木林の中をずっと歩いてきたので、残念だが致し方ない。
P1120299鉄割山.JPG鉄割山
P1120300 天井山・大滝.JPG天井山・大滝など

このピークが猪野尾野川の上流端となっており、左折すると猪野尾野側へ下れそうだが、今回は右折する。ネット沿いに下ると、次の伐採ピークでネットとわかれ、右の雑木細尾根を下る。
P1120301ネット沿いの尾根道.JPGネット沿いの尾根道
P1120302伐採地・北東尾根方向.JPG伐採地・北東尾根方向
P1120304 360mピーク.JPG360m伐採ピーク
P1120305雑木尾根.JPG雑木尾根
P1120306雑木尾根.JPG雑木尾根

鞍部を登りかえし、次の320m平坦ピークで左の支尾根側へ下る。
P1120307 310mピーク.JPG310mピーク
P1120308 雑木尾根.JPG雑木尾根

下り切り鞍部へ出ると、前方の330mピークへ向かう斜面はヒノキ林となっている。右折し、踏み跡をたどって谷沿いに下る。
P1120310鞍部.JPG鞍部
P1120311鞍部(右谷方向).JPG鞍部(右谷方向)

植林谷を下っていくと次第に山道らしくなり、右に炭焼窯跡を見ると幅広の山道となる。
P1120312植林谷.JPG植林谷
P1120313ヌタ場.JPGヌタ場
P1120314沢沿いの踏み跡.JPG沢沿いの踏み跡
P1120315山道.JPG山道
P1120317窯跡.JPG炭焼窯跡
P1120316幅広道.JPG幅広道

作業道風の幅広道を下っていくと、沢が出会うところで、林道野間線に出る。
P1120319幅広道.JPG幅広道
P1120320林道合流部.JPG林道合流部
P1120321林道合流部(逆方向).JPG林道合流部(逆方向)

左折し、前回とは逆方向で林道野間線を下って戻る。
P1120322渡渉地点.JPG渡渉地点
P1120324渡渉地点.JPG渡渉地点
P1120325滝沿いの石垣道.JPG滝沿いの石垣道
P1120326二段の滝.JPG二段滝
P1120327.JPG二段滝
P1120328コン橋.JPGコン橋
P1120329林道.JPG林道
P1120330林道.JPG林道
P1120331コン橋.JPGコン橋
P1120332窯跡.JPG窯跡
P1120333保安林看板.JPG林道
P1120334堰堤.JPG堰堤
コメント(0)