So-net無料ブログ作成
検索選択

権現山〈兎渡谷・尾根ルート、大水峠・辻並ルート〉(長門市三隅上) [県北部の山]

前回、兎渡谷(とどろく)からの谷詰めルートを歩いたので、今回は巡視路を利用して尾根に上がり、そのまま尾根伝いに権現山山頂をめざすことにした。
山頂への尾根ルートは山頂手前を除きこれといったひどいヤブコギもなく、冬場なら案外快適な雑木尾根歩きが楽しめる。
P1070488ダム管理棟付近から山頂.JPG湯免ダムから権現山
権現山2.jpg (クリックで拡大)

前回と同じく国道から少し入った公園の駐車場へ車を置き、兎渡谷集落へ向う。
P1070402兎渡谷川.JPG兎渡谷川

分岐でゲートのある舗装林道へ入る。
P1070403分岐.JPG分岐
P1070404巡視路分岐.JPG巡視路分岐
P1070405林道.JPG林道

右に堰堤を過ごし沢の水音が近くなると、舗装が切れる終点部で右の巡視路へ入る。
P1070406第一堰堤.JPG堰堤
P1070407沢.JPG沢が近い
P1070410巡視路.JPG巡視路

金属製の橋がかかった沢を渡ると、道は下りになる。このあたり巡視路が不明瞭で分りづらい。橋から15m程進んだあたりで、左の一段高いところへ上がると、道がある。
P1070415巡視路取り付き.JPG巡視路取り付き

これを進むと、ジグザグの登り道となる。巡視路と言っても、そま道程度の道が斜面上に付けられている。
P1070416そま道状の巡視路.JPG巡視路

稜線に近くなるとヒノキ林が現われる。
P1070417ヒノキ林の巡視路.JPGヒノキ林

植林の中を直登するとNo.114鉄塔に出会う。背後に高砂が望める。
P1070418 No.114鉄塔.JPGNo.114鉄塔
P1070420鉄塔からの展望(高砂).JPG高砂

雑木尾根の切開き道に変わり、少し登ると、No.113鉄塔が建つ小ピークに出る。高砂、日尾山、千代ヶ岳などが樹木の間に見晴らせる。
P1070421巡視路.JPG巡視路
P1070422 No.113鉄塔.JPGNo.113鉄塔
P1070424展望(高砂).JPG高砂
P1070425 展望(西畑山、日尾山・千代ヶ岳).JPG日尾山・千代ヶ岳

再び巡視路に入るとすぐに地籍図根三角点がある。
P1070426地籍図根三角点(逆方向).JPG地籍図根三角点(逆方向)

すぐ先の鞍部で右に巡視路が分かれるが、そのまま切開き道を登る。
P1070427分岐(巡視路右へ).JPG巡視路分岐

この先山頂まで、基本的には雑木尾根の切開きが続く。
P1070429雑木尾根の切開き.JPG雑木尾根の切開き
P1070431雑木尾根.JPG雑木尾根
P1070432一部シダ被り.JPG一部シダ被り

標高350mあたりの筆界基準杭(01-933)を過ぎたあたりから左にヒノキ植林が現れるが、尾根上は雑木が残してあるので歩きやすい。
P1070433筆界基準プラ杭(黄色、01-933).JPG筆界基準杭(01-933)
P1070435左にヒノキ林現る.JPG左にヒノキ林

標高420mの支尾根分岐にある筆界基準杭(00-132)あたりから再び両側雑木尾根となる。
P1070438雑木切開き.JPG雑木切開き

標高460mの左へ方向が変わるあたりで切開きが不明瞭となるが、まもなく少し荒れ加減の切開きに出る。
P1070440切開き(少し荒れ加減).JPG少し荒れ加減の切開き

登り切ると、標高503mの小ピーク上で、密生した雑木ヤブの中に地籍図根三角点を見る。三角点を設置した際に周辺を伐採し、その後ヤブ化したのだろうか。
P1070442ヤブの図根三角点.JPGヤブの中の図根三角点

平坦雑木尾根を進み、一旦鞍部へ下り登り返すと、標高530mの山頂手前ピークに着く。
P1070443切開き.JPG切開き
P1070445切開き.JPG切開き
P1070447山頂手前ピーク.JPG手前ピーク

鞍部へ下り、登り返すと切開きが怪しくなり、ヤブを少し分けて進むと、山頂の小広場へ抜け出る。
P1070448切開き.JPG切開き
P1070449山頂手前鞍部.JPG山頂手前鞍部
P1070450山頂手前の雑木ヤブ.JPG山頂手前の雑木ヤブ
P1070452山頂.JPG山頂

帰路は大水峠経由で北側の辻並方向へ下ることにした。
左ヒノキ林の市境尾根を下ると、地籍図根三角点のある530m小ピークで植林が終わり、両側雑木尾根に変わる。
P1070453ヒノキ林境.JPGヒノキ林境
P1070455図根三角点(植林頂部).JPG植林頂部の図根三角点

後は大水峠まで雑木の尾根道が続く。道は明瞭だが、踏み跡の様子から以前ほどは歩かれていないようだ。展望がなくなり、人気がなくなったのだろうか。
P1070456ややヤブ加減の尾根道.JPGやや荒れ加減の尾根道
P1070457雑木尾根道.JPG雑木尾根
P1070458尾根道.JPG雑木尾根
P1070459鞍部の境石.JPG鞍部の石杭
P1070460雑木尾根.JPG雑木尾根
P1070461 383mピーク.JPG383mピーク

峠の地蔵に久し振りに出会う。
P1070462大水峠・石仏.JPG大水峠と石仏
P1070463峠の石仏.JPG峠の石仏

堀割状の道を辻並方向へ下る。左にカーブした後、植林境のトラバース道となる。そま道程度の道を下ると、山道に変わる。
P1070464山道.JPG山道
P1070466植林境のトラバース道.JPG植林境のトラバース道
P1070468山道.JPG山道

谷が近くなると、道が消失するので、谷底の涸れ沢近くまで下り、踏み跡をたどって沢の右岸沿いのガレたところを慎重に下る。
P1070469道消失.JPG道が消失
P1070470谷部分.JPG
P1070472ガレ場の踏み跡.JPGガレ場の踏み跡

植林谷をそのまま下ると、少し広くなった平坦地の沢へ出るP1070480林道出合いから荒れ谷(逆方向).JPG
P1070473スギ林の踏み跡.JPGスギ林の踏み跡
P1070474踏み跡.JPG踏み跡
P1070475沢へ下りる.JPG沢へ下りる

沢を渡った先に林道が延びているが、ここはそのまま荒れた谷を下ると、まもなく「公社造林足河内事業地」の看板を見て、林道のカーブ地点に出る。
P1070476対岸の林道.JPG対岸の林道
P1070477ヤブの谷を下る.JPG荒れ谷を下る
P1070479林道と出会う.JPG林道と出会う

P1070480林道出合いから荒れ谷(逆方向).JPG林道出合いから荒れ谷(逆方向)

路面がえぐれ荒れた左の林道を下ると、トンネル入口上部で舗装道に出合う。そのまま下ると国道へ出る。
P1070483林道下部.JPGえぐれた林道
P1070484林道出合い.JPG舗装道出合い

湯免ダムを過ごし、北麓を回って駐車地へ戻る。
P1070485湯免ダム.JPG湯免ダム
P1070486 ダム公園から503m峰.JPGダム公園から503m峰
P1070492高砂.JPG高砂

途中、麓集落で「城の台」の案内板を見つける。
P1070494.JPG 「城の台」案内板
P1070496 北麓より503mピーク.JPG北麓より503m峰方向
P1070497 兎渡谷集落.JPG兎渡谷集落

なお、大水峠まで下らず、手前の383mピークから尾根伝いに下り、林道に出た方が歩きやすいかもしれない。以前歩いたときはピークから切開きがあったと記憶するが、今回ピークからの切開きが不明瞭だったので敬遠した。