So-net無料ブログ作成

西の嶽〈林道氷川線ルート〉(下関市菊川町上岡枝) [県西部の山]

林道氷川線終点から谷詰めで西の嶽に登った。5年前に同じルートで歩いたが、今回は別の2ルートも探索してみた。(2011.05.15)
P1020166西の嶽.JPG清流庵付近から西の嶽
西の嶽.jpg (クリックで拡大)

歌野清流庵への分岐点を直進し、作業小屋前で舗装が切れた所から林道氷川線に入る。
P1020128作業小屋手前.JPG作業小屋手前の分岐
P1020162林道始点.JPG林道始点
P1020130棚田跡.JPG左に棚田跡が見える


林道はスギ倒木で荒れているが難渋するほどではない。
P1020131荒れた林道.JPG荒れた林道
P1020134林道.JPG林道
P1020135スギ谷.JPGスギ谷を見下ろす

地形図の破線より手前で林道終点となる。
P1020136林道終点.JPG林道終点

(Aルート)
Aルートは、対岸にスギ植林帯を見ながら、わずかな踏み跡をたどって、そのまま雑木の左岸側(上流に向かって右側)を進む。測量テープや杭が所々あるので目印になる。
P1020137沢沿いを進む.JPG沢沿いを進む

谷が東から南へ方向を変えるあたりから両側が雑木の谷となる。
P1020138沢沿いの踏み跡.JPG沢沿いの踏み跡

小滑滝が現れ、上部で測量テープが消失する(※Bルート分岐点)。
P1020139Bルート分岐点.JPGBルート分岐点

そのまま直進し谷を詰める。
P1020142沢沿いの踏み跡.JPG谷を詰める

いくつか分岐があるが、ひたすら南をめざし登り切ると、九合目道標のある分岐点へ出る。
P1020143九合目道標.JPG九合目道標

右折し、地籍図根三角点のある小広場を過ぎると、西の嶽山頂に着く。
P1020144地籍図根三角点の小広場.JPG小広場
P1020145西の嶽山頂.JPG西の嶽山頂
P1020147670mピークから華山山頂.JPG670mピークから華山山頂

(Bルート)
小滑滝の上部、測量テープが消失するところで、よく見ると左の岩稜上に測量テープ類が続いている。右に回り込んで尾根に上がれば切り開きの道があり、主稜線の小ピーク上で遊歩道と合流する。これがBルートだが、下りに利用した方が分かりやすいだろう。
P1020151岩場(逆方向).JPG岩場
P1020150切開き.JPG切開き(逆方向)
P1020149切開き尾根.JPG切開き(逆方向)

(Cルート)
Cルートは、林道終点から対岸に渡り、北に向かってスギ植林谷を詰める。途中、分岐を左に分け、登り切ると車道に出る。NTT電柱「京ヶ嶽分 40」が目印となる。

帰路は山頂手前の九合目分岐から南に下り歌野清流庵へ出る「林道東氷川線コース」を下った。途中地積図根三角点のある小ピーク周辺が伐採され展望地となっている。
P1020159地籍図根三角点展望地からの展望(高旗山方向).JPG展望地から高旗山方向
P1020160竜王山・六万坊山方向.JPG竜王山・六万坊山方向

六合目の道標分岐から急勾配の擬木段が続き、棚田跡を抜け、堰堤を右に過ごすと林道に出る。
P1020161六合目道標.JPG六合目道標
P1020162林道始点.JPG林道始点
P1020164清流庵.JPG清流庵