So-net無料ブログ作成

三上山・松尾山(防府市久兼・真尾) [県央部の山]

三上山への明瞭道探索のついでに、切り開き道を利用して大字境を歩き、松尾山まで足をのばしてみた。
明瞭道は11年前に今回同様改めて歩いた際に見付けた道で、356.4mピーク(三上山)の「点の記」にも載っている。483.8mピークから松尾山までは切り開きが続いていることを期待したが、一旦途切れ迂回を強いられ、また、途中から右支尾根へそれるため、シダヤブ漕ぎとなる。したがって、今のところ縦走路としては勧められない。(2012.01.08)
三上山・松尾山.jpg (クリックで拡大)

三上山から483.8mピークまでは、三上山・綾ヶ峰の項を参照していただきたい。
483.8mピークから市有林境界標柱329の支尾根分岐まで戻り、左の切り開き尾根を下る。
P1030705329標柱・切り開き分岐.JPG標柱329の分岐

雑木尾根から急勾配の右側植林尾根に変わる。
P1030708雑木尾根.JPG雑木尾根
P1030709植林境尾根.JPG植林境尾根

支尾根分岐で標柱326と境界石を確認すると、左の支尾根を取り、右側ヒノキ林境を下る。
P1030710326標柱・境石.JPG標柱326と境石

標柱325で切り開き道は左のヒノキ植林谷への巻き道となる。すぐ先で測量テープは左斜面上を標柱324方向へ付いているが、そのまま旧作業道と思われるヤブ気味の幅広道を下る。
P1030712ヒノキ林幅広山道.JPGヒノキ林の幅広道

巻き加減に下ると一つ左の支尾根上でヤブが酷くなるので、道はないが一旦右下の谷へ下り、右斜面をよじ登ると、切り開きのある雑木尾根上に出る。
切り開きは上方にも続いているが、標柱239で終わり、左の谷へ下っている。したがって、標柱239と標柱325の間の尾根上はヒノキ植林だが、ヤブ化しており、現在のところ迂回した方がよいだろう。
P1030714測量頂点・標柱329(逆方向).JPG標柱329

ここからは雑木を主体としたシダ尾根の切り開きを忠実に下る。標柱237で左の支尾根に移り、標柱235(地形図上の破線道との出合い付近)あたりからは、雑木疎林越しに展望が開ける平坦シダ尾根が続く。
P1030724シダ尾根.JPGシダ尾根

途中左に視界が大きく開け、矢筈ヶ岳や右田ヶ岳などの展望を楽しむことができる。
P1030727矢筈ヶ岳.JPG展望地から矢筈ヶ岳
P1030728右田ヶ岳.JPG展望地から右田ヶ岳
P1030732松尾山.JPG平坦尾根上で樹間に松尾山

右に切り開きが分かれたすぐ先に標柱231があり、切り開きは支尾根上へ続いているが、ここはそのまま直進し、踏み跡をたどる。まもなく深いシダに変わり、シダ漕ぎを強いられる。平坦尾根のため、方向を誤らないよう注意を要する。
P1030733シダヤブ尾根.JPGシダヤブ尾根

右にヒノキ幼樹の植林帯が現れ、植林境を進むが、深いシダとサルトリイバラに難渋する。
P1030734右ヒノキ幼樹植林.JPG右ヒノキ幼樹植林
P1030735雑木シダ尾根.JPG雑木シダ尾根

シダヤブにやっと解放されると地肌が露わな主稜線に着く。三上山から綾ヶ峰の縦走尾根が眺められる。
P1030737主稜線.JPG主稜線
P1030739三上山~483.8m峰.JPG三上山~483.8m峰
P1030740483.8m峰~綾ヶ峰.JPG483.8m峰~綾ヶ峰

ここで、一旦右折し、四等三角点(基準点名「和字」)を目指す。踏み跡があるが、途中でシダが深くなる。
二つ目の小ピーク上で三角点に出会う。
P1030742松尾山三角点.JPG松尾山三角点

北側の真田ヶ岳などの展望が得られる。
P1030746三角点から真田ヶ岳.JPG三角点から真田ヶ岳

合流点まで引き返し、松尾山頂を目指す。シダ尾根上の踏み跡を辿ると明瞭道に変わり、測量テープも現れる。262mピーク付近の小広場に出ると、記念樹が周辺に植えられ、様相が一変しているのに驚く。
「猟師岩300m」の道標があり、猟師岩へ向かう。
P1030749猟師岩(300m)道標.JPG猟師岩(300m)道標

200m程度で猟師岩に着き、西側の大きく開けた展望を堪能する。
P1030751猟師岩・矢筈ヶ岳.JPG猟師岩と矢筈ヶ岳
P1030752猟師岩から山口尾.JPG猟師岩から山口尾

道標へ戻り、右折し100mほど進むと、分岐で「松尾山山頂」の道標に出会う。左折するとすぐに山頂小広場へ着く。山頂からは東の綾ヶ峰などが展望が望める。
なお、地形図上では262mが最高峰だと思われるが、14年ぶりに訪れたら、こちらが山頂に変わり、道標には268mと記されている。
P1030758松尾山山頂と綾ヶ峰縦走尾根.JPG山頂と綾ヶ峰縦走尾根

分岐へ戻り、明瞭なシダ道を下る。下山道周辺には各所に桜の記念樹が植えられており、道標も付けられ、道も整備されている。
P1030759シダ尾根下山道.JPGシダ尾根下山道

光明岩・天皇院跡を過ぎ、24番石仏のある鞍部で左の道を下ると、観音堂の建つ登山口広場に着く。登山道や古跡由来などの案内板があり参考になる。
P1030760光明岩.JPG光明岩
P1030761石仏.JPG天皇院跡の石仏
P1030763松尾山天皇院旧跡石碑.JPG天皇院旧跡石碑
P1030768巡拝路分岐(24番石仏).JPG巡拝路分岐(24番石仏)
P1030775観音堂.JPG観音堂
P1030776<strong>登山口</strong>.JPG

駐車地まで麓を歩いて戻った。なお、小野大橋まで新設道路が建設中である。