So-net無料ブログ作成
検索選択

山口尾〈松ヶ谷川・十七渓流ルート〉(防府市奈美) [県央部の山]

八幡谷渓流側から山口尾へ登った際、測量による切り開きが東西に延びているのを確認した(某HPにも書き込みがあった)ので、今回は、東側の切り開きを辿ってみることにした。一日目は松ヶ谷川ルートを歩いたが、十七渓流側にも道があるのが分かったので、後日八幡谷渓流側から再度山口尾へ登った帰路に、十七渓流ルートも下ってみた。

なお、松ヶ谷川ルートの第一堰堤から先は、堰堤工事のため関係者以外立入禁止となっている。一般車両のみ通行止めと思い入山したが、帰路に看板があることに気が付いた。工期が今年7月31日までとなっているので、工事完了までは入山を諦めた方がよい。ただ、山口市側の藪ヶ尻へ林道が抜けているので、そちらから入山することができるかもしれない(山口市側が立入禁止かどうか確認はしていない)。
十七渓流側も麓で堰堤工事中だが、関係者以外立入禁止の看板は見なかった。いずれにしても工事に邪魔にならぬよう気を付けたい。
山口尾.jpg (クリックで拡大)

●松ヶ谷川ルート
奈美の岡田集落から松ヶ谷川沿いに遡り、林道に入って新設堰堤横の広場に駐車する。平成21年の豪雨災害後に設置された堰堤のようだ。このため、地形図上の林道は山側に付け替わっている。
01P1030462新設第一堰堤.JPG新設堰堤

林道を進むと、第三堰堤の先で現在河川工事が行われている。山側に仮設道路が付けられており、これを下ると、川沿いに歩くようになる。
02P1030465林道.JPG林道

暗渠で対岸(右岸)へ移り、200mほど進むと林道分岐に着く。
03P1030467林道分岐.JPG林道分岐

ここで左の道へ入る。林道は現在も使われているようで傷んでいない。コンクリート橋や暗渠で数回渡り替えながら進むと、林道が終わり山道に変わる。
04P1030468林道.JPG林道

まもなく山道が右上の斜面に分岐するので、これを上がる(直進するとすぐに小堰堤で行き止まりとなる)。
05P1030472小堰堤.JPG小堰堤
06P1030473山道分岐.JPG山道分岐

明瞭な山道が雑木尾根に付いており気持ちよく歩ける。
07P1030474山道.JPG山道

支尾根を越え、やや下りとなり巻き道に変わると、谷を横切る所で測量テープが右上の支尾根に上がっているが、ここは直進する。
08P1030475測量分岐.JPG測量分岐

暗渠のある支谷を渡り、支尾根を右に回り込むと鞍部へ付く。鞍部では左右の尾根上に測量の切り開きがあり、更に向かい側の谷(十七渓流側)にも道が付いている。
09P1030478四分岐.JPG四分岐鞍部

ここは右の切り開き道を取り、支尾根から左の小谷を詰めながら登り切ると、尾根に出る。
測量の明瞭な切り開きは右に続いているが、ここで左折し、シダ被りを分けながら踏み跡をたどり、315mピークまで足をのばしてみた。岩があるほか特に特徴的なものはないが、山口尾山頂が間近に望める。
10P1030570315m展望ピーク.JPG315m展望ピーク
11P1030571展望ピークから山口尾.JPG展望ピークから山口尾

分岐点まで戻り、そのまま直進し、明瞭な切り開きをたどって雑木尾根を進むと、地籍図根三角点のある伐採展望ピークに出る。東方向に先ほどの315mピークが望める。
12P1030479尾根切り開き道.JPG尾根切り開き道
13P1030483地籍図根三角点・伐採展望地.JPG伐採展望地
14P1030484展望地より315mピーク.JPG展望地より315mピーク

ここからさらに尾根伝いに進むと、まもなく測量の切り開きが終わり、切り開き道は右へ下っている。
15P1030485尾根道.JPG尾根道
16P1030564測量分岐点(逆方向).JPG測量分岐点(逆方向から)

ここからは、旧測量時のテープが残るやや荒れた雑木尾根に変わる。
17P1030487特徴のある角石.JPG特徴のある角石
18P1030488尾根道.JPG尾根道

尾根上の踏み跡をひたすら辿り登り切ると、右から新しいピンクの測量テープと切り開きの道が合わさる。
19P1030490尾根分岐.JPG尾根分岐

切り開きの道を少し進むと、山口尾山頂に着く。
20P1030492山頂(東方向).JPG山頂(東方向)

帰路は先ほどの分岐まで戻り、新しい切り開きの道が付いた北尾根を下る。
21P1030493雑木北尾根.JPG雑木北尾根

緩やかな雑木尾根を下り、一旦右側がヒノキ植林帯となるが、再び雑木尾根となり、鞍部を登り返すと418mピークに着く。
22P1030495418mピーク.JPG418mピーク

右折し、大木を過ごすと、小ピークで切り開きが左の支尾根に急勾配で下っているので、これを降りる。シダの平坦尾根となり、最後に急勾配を下りきると、沢に出る。
23P1030501シダ尾根.JPGシダ尾根
24P1030503最後の急な下り(逆方向).JPG最後の急な下り(逆方向)
25P1030505支尾根取り付き.JPG支尾根取り付き

沢を渡り、対岸の斜面を登ると林道に出る。
26P1030506林道出合い.JPG林道出合い(逆方向)

右折し、林道を歩いて駐車地へ戻る。
北尾根のルートを上りに取る場合、測量テープはあるものの、沢を渡った支尾根の取り付き点が分かりづらいだろう。

●十七渓流ルート
十七渓流ルートへの下りは、東尾根の四分岐点から東の谷側へ下る。幅広の道を下っていくと、まもなく新設林道に出合う。豪雨災害時で崩落した土砂を利用し林道整備したようだ。
27P1030579鞍部からの幅広山道.JPG鞍部からの幅広山道
28P1030580林道終点.JPG林道終点

あちこちの谷で災害時の痛々しい崩落跡を見ることができる。
29P1030585崩壊谷.JPG崩壊谷
30P1030586林道.JPG林道

途中の堰堤も上端まで土砂でびっしり埋まっている。麓では今も新設堰堤工事が続けられている。
31P1030588第二堰堤.JPG第二堰堤
32P1030591第一堰堤.JPG第一堰堤
33P1030594堰堤工事箇所.JPG堰堤工事箇所