So-net無料ブログ作成
検索選択

要害山(田布施町馬島) [離島の山]

佐合島から馬島へ戻り要害山をめざすことにする。この山も狼煙場があったところである。8年前の夏に一度来たことがあり、本土からわずか数分で渡れ、山と海の両方を手軽に楽しめるスポットだ。ここにも船着き場に集会所があり、船の待合いとしても利用できる。(2011.03.05)
P1010566佐合島から刎島・馬島.JPG佐合島から刎島・馬島
馬島.jpg (クリックで拡大)

要害山へは港から浜沿いの道を南へ進む。はじめての場合、「のんびらんど うましま」を起点にした方が分かりやすいが、今回は近道を取った。海の家を右に見てすぐに右折し地道に入る。まもなくのんびらんどからの道と合わさると、そのまま幅広の整備された遊歩道となり、山頂まで一本道なので迷うことなく行ける。途中ベンチが置かれた展望地があるが、樹木が伸びたのでわずかな展望しか得られない。竹林帯を抜け、前方が明るくなると東屋が建つ山頂展望地に出る。
P1010599登山道(遊歩道).JPG登山道(遊歩道)
P1010606登山道.JPG登山道
P1010600登山道.JPG最後の登り
P1010601要害山山頂.JPG要害山山頂

三等三角点(基準点名「用害」)は西端にある。北西の梶取岬と南東の佐合島がそれぞれ見晴らせるので、狼煙場であったことがうなずける。東屋の東側に窪みがあり、これが気になった(狼煙場の名残?)。
P1010602三角点.JPG三角点
P1010604東屋と窪み.JPG東屋と窪み
P1010603大塩山・刎島・佐合島.JPG山頂から大塩山・刎島・佐合島

同じ道を引き返し、刎(はね)島まで足をのばしてみた。キャビンが建ち並ぶのんびらんどはシーズンオフのせいか管理棟も締まっていたので、そのまま通過し、養殖場と墓地の間のコンクリート小道を進むと、浜に出て、前方に刎島が現れる。今回は運良く島と砂州でつながっていたので、潮が満ちないうちにと島まで渡ってみた。長さは200mぐらいなので、所要時間約3分で行ける。
P1010607のんびらんど.JPGのんびらんど
P1010608のんびらんど.JPGのんびらんど
P1010609入口・管理棟.JPG入口・管理棟
P1010612道標.JPG道標
P1010621刎島方面へのコンクリート道.JPG刎島方面へのコンクリート小道
P1010619刎島をつなぐ砂州.JPG刎島をつなぐ砂州

刎島とは何とも物騒な名前だが、地下上申には羽根島と記されている。そう言われて見ると馬島側からは鳥が羽根を広げたような感じに見えなくもない。
P1010615刎島西海岸.JPG刎島西海岸
P1010616刎島から大塩山.JPG刎島から大塩山
P1010623海水浴場.JPG海水浴場

最後に集落中央部奥にある八幡宮に立ち寄り、港へ戻った。島での滞在時間は2時間半弱。最終便まで居るともう3時間はゆっくりできる。
P1010625八幡宮.JPG八幡宮