So-net無料ブログ作成
検索選択

首かたげ山・天狗坊山〈林道大河内線・野々峠ルート〉(下関市阿内) [県西部の山]

今回は、高圧線鉄塔の巡視路を利用し周回してみることにした。
NO.134鉄塔から「首かたげ山」までの尾根はヒノキ植林境尾根が主体だが、シダが被さり、所々ヤブが深いところもあるので、あまりお勧めではない。
下山時に使った「天狗坊山」から「山鳥ヶ浴頭」(「地下上申」の小野村の項に出てくる)を経由し、野々峠(これも「地下上申」に載っている地名。現在も同様に呼ばれているか確認していない)までのルートも植林境の尾根が続くが、比較的歩きよい。
野々峠からはNO.132鉄塔まで戻り、巡視路を利用してNO.133鉄塔までトラバースし、林道大河内線へ下ったが、尾根からの急勾配の下りは、巡視路とは思えないほど倒木等で荒れており、こちらも勧められない。
したがって、林道阿内線~高地峠~首かたげ山~天狗坊山~山鳥ヶ浴頭~野々峠のルートを取るとよいかもしれない。
首かたげ山・天狗坊山(11.11.03).jpg (クリックで拡大)

畑組町民館から歩き始め、伊毛(イモウ)集落を抜け耕作地に出ると、前方に山鳥ヶ浴頭、その右奥に天狗坊山が見える。
P1030046伊毛側から見た山域.JPG伊毛側から見た山域

林道大河内線に入り、右、左と大きくカーブした先の支谷から巡視路に取り付く。
P1020988林道大河内線看板.JPG林道大河内線看板
P1020990林道.JPG林道
P1020991巡視路入口.JPG巡視路入口

ジグザグに急勾配を登り切ると石垣上のNO.134鉄塔と出会う。鉄塔からは前方右に首かたげ山の山頂部がのぞく。
P1020993NO.134鉄塔.JPGNO.134鉄塔

シダが被るヒノキ植林境尾根を進む。282mピークを越え、鞍部へ下り、登り返すと、後は山頂まで登りが続く。
P1020997シダ被り尾根.JPGシダ被り尾根
P1030002ヒノキ植林境尾根.JPGヒノキ植林境尾根

標高400m付近の尾根は雑木ヤブが続くので、左の植林帯へ逃げ込みながら進む。
P1030003ヤブ尾根.JPGヤブ尾根

植林境の頂部が首かたげ山の山頂である。
P1030005首かたげ山山頂部.JPG首かたげ山山頂部

首かたげ山から大畑山、天狗坊山までは雑木疎林を主体とした尾根が続く。
P1030008大畑山手前の雑木尾根.JPG大畑山手前の雑木尾根
P1030013大畑山山頂(逆方向).JPG大畑山山頂(逆方向)

天狗坊山の山頂も植林境の頂部である。
P1030015天狗山山頂(逆方向).JPG天狗山山頂(逆方向)

帰路は、ここからは南に方向を変え、ヒノキ林境を下る。伐採木や枝打ちの枝が邪魔になるが、踏み跡があるので、案外歩きやすい。
P1030016山頂下のヒノキ植林境.JPG山頂下のヒノキ植林境尾根

標高410mあたりで、前方に山鳥ヶ浴頭が樹間に姿を現す。
P1030017樹間に山鳥ヶ浴頭.JPG樹間に山鳥ヶ浴頭

緩やかな尾根を登り返すと、山頂に着く。山頂では北東方向に展望が少し開ける。
P1030018枝打ちされた植林境.JPG枝打ちされた植林境
P1030022山鳥ヶ浴頭山頂.JPG山鳥ヶ浴頭山頂

370m小ピークで植林境と分かれ、左の雑木尾根を下る。一部ロープ箇所がある。他にも物好きな登山者がいるようだ。
P1030025ロープ箇所.JPGロープ箇所

平坦尾根に変わるあたりで、巡視路が左に分岐するが、そのまま直進すると、NO.132鉄塔に出会う。東西に展望が大きく開ける。
P1030027NO.132鉄塔.JPGNO.132鉄塔

鞍部に下り分岐を直進すれば、NO.131鉄塔に着く。
P1030031NO.131鉄塔.JPGNO.131鉄塔

スギ植林沿いに進むとまもなく野々峠に出る。
P1030033スギ植林沿いの巡視路.JPGスギ植林沿いの巡視路
P1030034野々峠.JPG野々峠

NO.132鉄塔の先の巡視路分岐まで一旦戻る。
P1030026巡視路(右方向)分岐.JPG巡視路(右方向)分岐

右折し、そま道状の巡視路をトラバースしながら進む。
P1030036そま道状の巡視路.JPGそま道状の巡視路

途中、巡視路脇に坑口跡を見付ける。2箇所ほど確認したが、周辺にまだありそうだ。江戸期に伊毛銅山があったようなので、その関連のものかもしれない。
P1030038坑口A.JPG坑口A
P1030039坑口B.JPG坑口B

NO.133鉄塔に出て、植林境の尾根を下る。
P1030040NO.133鉄塔.JPGNO.133鉄塔

途中から巡視路が左に分かれるが、分岐に目印の「火の用心」札もないので、注意を要する。
P1030042巡視路(左方向)分岐.JPG巡視路(左方向)分岐

巡視路はかなり荒れており、倒木等で不明瞭な所がある。
P1030043荒れた巡視路.JPG荒れた巡視路

踏み跡をたどって何とか下ると、巡視路に再び戻り、鉄塔標柱を過ぎると林道のヘアピンカーブの所に出る。
P1030044鉄塔標柱.JPG鉄塔標柱