So-net無料ブログ作成
-| 2011年09月01日 |2011年09月05日 ブログトップ

城山(下関市豊田町大河内) [県西部の山]


「目で見るふるさと豊田の歴史と文化」(平成11年3月発行)でこの山の存在を知り、鉄塔巡視路を利用すれば登れそうなので、立ち寄ってみた。(2011.08.28)



山へgomen ~ 山口県の山歩き記録-城山遠望 城山
大河内城山.JPG (クリックで拡大)


大河内集会所に車を置く(敷地奥には河内社が建つ)。木屋川支流の丸山川沿いに延びる林道丸山線を進み、鉄塔標柱を確認して巡視路に入る。

杉谷を300mほど進むと左斜面に巡視路が分かれるが、分岐部が倒木で塞がり標柱も見落としたため、そのまま踏み跡をたどって谷を詰める。


山へgomen ~ 山口県の山歩き記録 杉谷

道が怪しくなったところで左の小谷を直登すると(ピンクのテープあり)、尾根上で巡視路に出会う。ヒノキ林の尾根を登りきると、鉄塔(N0.21)の建つ展望地に出る。山頂はすぐ上にある。


山へgomen ~ 山口県の山歩き記録 鉄塔展望地

山へgomen ~ 山口県の山歩き記録 城山山頂


鉄塔展望地からは南面が広く開けるが、山頂部は樹木に遮られ展望は得られない。四等三角点は、北側の一段低くなった削平地の左端、山頂最高部から北西方向10数メートルの所のヤブにある。山頂部はいくつか段状に切られているようだが、城跡のなごりかどうか素人には判断が付かない。


山へgomen ~ 山口県の山歩き記録 山頂三角点


帰路は、そのまま巡視路をたどって北側の谷に下れると思ったところ、次の鉄塔(N0.22)まで尾根伝いに回り込んで歩かされてしまった。ヤブはないが、倒木等で分かりづらいところもあるので、そのまま引き返した方が無難だろう。



-| 2011年09月01日 |2011年09月05日 ブログトップ