So-net無料ブログ作成
検索選択

霊鷲山(高畑コース)・△上ノ山(下関市高畑・楠乃) [県西部の山]

高畑側から霊鷲山を歩いてみた。15年ぶりだが、情けないことにまったく記憶にとどめていない。(2017.07.23)
IMG_1114霊鷲山.JPG探鳥広場遊歩道から霊鷲山
霊鷲山・上ノ山.jpeg (1,2クリックで拡大)

県道下関前田線と長府浜浦町との交差点に「平家塚・霊鷲山」の表示がある。高畑集落へ向かい路肩スペースに駐車。
IMG_1184分岐・道標.JPG県道分岐・道標

集落内の道は枝分かれし、わかりづらい。T字路を右折すると舗装が切れ山道に入る。
IMG_1074分岐(右折).JPG分岐①(右折)
IMG_1076T字路(右折).JPGT字路分岐②(右折)
IMG_1077山道.JPG山道に入る

すぐの分岐で「霊鷲山 S.S.A.C」の道標を見る。山頂へは道標に従い左折するが、直進し地形図上の破線道をたどってみた。
廃屋や古い土蔵が残る薄暗い道を進むと、草被りで荒れてきたので引き返す。電柱が所々に建っており、山頂近くの中電無線中継所へ電気を供給する電線道と思われる。
道標まで戻り、コース方向へ進む。歩く人は少ないようだが、草被りのところは最近刈られた様子だ。
IMG_1078コース分岐・道標.JPGコース分岐・道標
IMG_1087石垣沿いの山道.JPG石垣沿いの山道
IMG_1088竹林沿い.JPG竹林沿い
IMG_1089巻き道.JPG巻き道

右に「下関要塞」の標石を見て、古い墓地を左に過ごしながら巻き道を進む。
IMG_1090「下関要塞」標石.JPG 「下関要塞」標石
IMG_1091古い墓地.JPG古い墓地
IMG_1092スギ植林沿い.JPGスギ植林沿い

谷と合わさるところで次の道標があり、沢沿いに右側の踏み跡をたどる。
適当なところで沢の左側に移ると明瞭な山道が現れる。
IMG_1094谷出合い・道標.JPG谷出合い・道標
IMG_1096沢沿いの踏み跡を進む.JPG沢沿いの踏み跡を進む
IMG_1098山道.JPG山道

谷を横切り、右に堰堤を過ごし、谷を詰める。
IMG_1099谷を横切る.JPG谷を横切る
IMG_1102巻き道.JPG巻き道
IMG_1103右谷に堰堤を見る.JPG右谷に堰堤

水路沿いのコンクリート階段を登り切ると、「ピクニック広場」の一角へ出る。
IMG_1105水路・コン階段.JPG水路・コン階段
IMG_1106ピクニック広場・道標.JPGピクニック広場・道標
IMG_1107道標.JPG道標
IMG_1109霊鷲山.JPG霊鷲山
IMG_1108ピクニック広場から△上ノ山.JPG228.1mピーク

まずは「探鳥広場」をめざす。遊歩道に入り、時計方向に緩い勾配の舗装された道を登っていくと、草が茂る中に東屋のある探鳥広場へ着く。
東屋から西方向5mほどのところに四等三角点「上ノ山(うえのやま)」がある。三角点は火の山と同様地下に埋設し、コンクリートの蓋がかぶせてある。三角点名は字名に拠ったものと思われる。
IMG_1110遊歩道のコン階段.JPG遊歩道のコン階段
IMG_1111舗装道出合い.JPG舗装道出合い
IMG_1115舗装道.JPG舗装道
IMG_1117探鳥広場.JPG探鳥広場
IMG_1118四等三角点「上ノ山」.JPG四等三角点「上ノ山」
IMG_1119東屋・四等三角点.JPG東屋・四等三角点

山頂東ピークのNTT藤ヶ谷無線中継所方向へ向かったが、解体されたようで跡地となっている。
IMG_1120通信施設.JPG途中の通信施設
IMG_1121NTT通信施設跡.JPGNTT無線中継所跡

東屋から西の遊歩道を下り、火の山と霊鷲山を結ぶ舗装遊歩道へ出て、霊鷲山をめざす。途中、ウォーキング中の人やハイカー数名と出会う。
IMG_1123遊歩道・コン階段.JPG遊歩道・コン階段
IMG_1124遊歩道分岐・道標.JPG遊歩道分岐・道標
IMG_1125舗装道出合い・道標.JPG舗装道出合い・道標
IMG_1127分岐・道標.JPG分岐・道標
IMG_1129ピクニック広場・霊鷲・山.JPGピクニック広場
IMG_1131舗装道.JPG舗装道
IMG_1132道標.JPG道標
IMG_1133分岐・道標.JPG分岐・道標

東屋や仏舎利塔がある山頂広場に着く。さらに一段高いところの展望広場に標高288mの最高点はある。
IMG_1134関門海峡.JPG関門海峡
IMG_1136関門海峡.JPG関門海峡
IMG_1138堡塁跡.JPG堡塁跡
IMG_1140山頂(展望広場).JPG展望広場
IMG_1139満珠・干珠.JPG満珠・干珠
IMG_1142山頂広場・仏舎利塔・関門海峡・火の山.JPG山頂広場・関門海峡・火の山

北側の広場から遊歩道をたどり、KDDIの通信施設の方へ足をのばしてみたが、ゲートで行き止まりとなる。
IMG_1143山頂広場(北側).JPG山頂広場(北側)
IMG_1145凹地の遊歩道.JPG凹地を横断する遊歩道
IMG_1146遊歩道.JPG遊歩道
IMG_1148通信施設.JPG通信施設
IMG_1151中電無線中継所.JPG中電無線中継所
IMG_1153舗装道出合い(逆方向).JPG舗装道出合い(逆方向)

帰路は萬松院コースを下る。粘土質の土が多いせいか、すべりやすく、イノシシのものと思われる足跡が無数に残っている。
IMG_1154萬松院コース下降口.JPG萬松院コース下降口
IMG_1156山道.JPG山道
IMG_1158ササ沿い.JPGササ沿い
IMG_1159分岐・道標①.JPG分岐・道標①
IMG_1162山道・ロープ.JPG山道・ロープ
IMG_1163小溜池.JPG小溜池(沼)
IMG_1164ササ沿い.JPGササ被り
IMG_1165山道.JPG山道
IMG_1166巡視路分岐・道標②.JPG巡視路分岐・道標②
IMG_1170道標③.JPG道標③
IMG_1171山道.JPG山道
IMG_1172道標④・沢渡り.JPG道標④・沢渡り
IMG_1174巻き道.JPG巻き道
IMG_1176植林沿い.JPG植林沿い
IMG_1177竹林.JPG竹林
IMG_1178萬松院コース登山口広場・道標⑤.JPG萬松院コース登山口広場・道標⑤
IMG_1181石仏・六地蔵.JPG石仏・六地蔵

霊鷲山登山口広場からは、舗装道をたどり、功山寺経由で駐車地まで戻る。
駐車地手前の「僧都地蔵の水」で喉を潤し、平家塚を見学して帰る。
IMG_1185僧都地蔵の水.JPG僧都地蔵の水
IMG_1073平家塚の石碑.JPG平家塚の石碑
IMG_1189説明板.JPG説明板
IMG_1190塚.JPG平家塚①
IMG_1192塚.JPG平家塚②
コメント(1) 

コメント 1

gomen

古い山行記録を見ていたら、平成14年に高畑コースを歩いていたことがわかり、報告文を訂正しました。
このときはピクニック広場から往復したようです。道標②の分岐点に猿田彦の石碑を記録していますが、今回の写真では判然としません。見落としたかも?

by gomen (2017-07-27 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。