So-net無料ブログ作成
検索選択

烏帽子岳・赤松ヶ平〈太刀野ルート・赤松ヶ平ルート〉(周南市原、八代、樋口) [県央部の山]

前回(1月3日)に続き烏帽子岳をめざす。
往路は太刀野側から林道に入り、植林尾根境や雑木尾根を伝って登るとウッドパークの遊歩道に出た。
帰路は赤松ヶ平展望広場から南南東に延びる尾根を下る。ヤブ気味の雑木疎林尾根から植林境尾根に変わり、植林谷を下った。
いずれも不明瞭区間があるが大ヤブというほどではない。(2017.01.07)
P1350987大将軍より烏帽子岳山頂.JPG大将軍より烏帽子岳山頂
烏帽子岳.jpeg (1,2クリックで拡大)

●駐車地~林道~散歩道出合い
県道徳山光線沿いの落合バス停近くにある路肩スペースに駐車。太刀野側の大きく右カーブする手前から林道に入る。
P1350910林道入口.JPG林道入口
P1350912林道.JPG林道
P1350915.JPG林道

林道終点から踏み跡を少したどり、沢を渡ると山道が現われる。
植林境尾根を登り谷道(破線道)を右に過ごす。
P1350916林道終点.JPG林道終点
P1350917沢渡り.JPG沢渡り
P1350918山道.JPG山道
P1350919植林境の尾根道.JPG植林境の尾根道
P1350920谷道分岐.JPG谷道分岐

右の巻き道から雑木尾根に出る。P1350921尾根道.JPG尾根道
P1350922右の巻き道.JPG右の巻き道
P1350924再び尾根道.JPG尾根道

古道をたどって右の小谷に入り、左の巻き道となりふたたび雑木尾根に出る。
P1350925小谷の古道.JPG小谷の古道
P1350926左の巻き道.JPG左の巻き道
P1350927雑木尾根道.JPG雑木尾根道

左の巻き道となり植林に出合う。
小尾根を巻くあたりで踏み跡程度のそま道に変わるので、植林沿いから離れ、右の小谷を詰める。数箇所古いテープが残っている。同好の士がたどったのだろうか?
P1350929左巻き道.JPG左巻き道
P1350931ヒノキ植林出合い.JPGヒノキ植林出合い
P1350932巻き道.JPG巻き道
P1350934踏み跡.JPG植林沿いの踏み跡
P1350935小谷を詰める.JPG小谷を詰める
P1350937古いテープ.JPG古いテープ

標高500mの支尾根分岐点に出る。左へヤブ気味の雑木尾根をたどり、標高590mの支尾根合流点を経て、さらに登り切ると突然散歩道へ抜け出る。
P1350938 500m雑木尾根へ出る.JPG500m雑木尾根へ出る
P1350939 510m支尾根合流点.JPG510m支尾根合流点
P1350941植林境鞍部.JPG植林境鞍部
P1350942雑木尾根.JPG雑木尾根
P1350945雑木尾根.JPG雑木尾根
P1350947 590m支尾根合流点.JPG590m支尾根合流点
P1350949 600m支尾根合流点.JPG610m支尾根合流点
P1350950雑木ヤブ尾根.JPG雑木ヤブ尾根
P1350952雑木ヤブ尾根.JPG雑木ヤブ尾根
P1350955遊歩道出合い.JPG遊歩道出合い

● ~舗装林道~中央広場前
左折し、ジグザグに下っていくと赤松ヶ平へ続く舗装林道へ出る。前方にキャンプ場がある。
P1350956遊歩道.JPG遊歩道
P1350957遊歩道.JPG遊歩道
P1350958舗装林道出合い・キャンプ場.JPG舗装林道出合い・キャンプ場

右折し、まずは烏帽子岳をめざす。八代コースからの道を合わせ、左に十郎池を過ごすと大将軍の石鳥居がある中央広場前に出る。
P1350960道標①「赤松ヶ平1.0km」(逆方向).JPG道標①(逆方向)
P1350961林道魚き切線終点標識.JPG林道魚切線終点標柱
P1350964道標②「山頂790m」.JPG八代コース出合い・道標②
P1350966道標②(逆方向).JPG同上(逆方向)
P1350967十郎池.JPG十郎池
P1350970石鳥居・道標④.JPG石鳥居・道標④
P1350971道標④「頂上520m」.JPG道標④「頂上520m」
P1350972中央広場駐車場.JPG中央広場駐車場

● ~烏帽子岳
鳥居をくぐり登山道を登る。道標を二つ過ごすと烏帽子岳山頂の広場へ着く。人影はない。
P1350974登山道.JPG登山道
P1350976分岐・道標⑤「頂上420m」.JPG分岐・道標⑤
P1350977登山道.JPG登山道
P1350978登山道.JPG登山道
P1350979道標⑥・大将軍分岐.JPG道標⑥・大将軍分岐
P1350980道標⑥.JPG道標⑥
P1350981登山道.JPG登山道
P1350982烏帽子岳山頂.JPG烏帽子岳山頂
P1350983山頂(逆方向)・二等三角点.JPG山頂(逆方向)・二等三角点
P1350984大将軍.JPG大将軍を望む

● ~大将軍
分岐まで戻り、道標に従い大将軍へ。石祠のある山頂では夫婦連れなど3グループに出会う。
展望を楽しむ。曇天だが前回より靄は少ない。
P1350986大将軍への登山道.JPG大将軍への登山道
P1350997大将軍山頂・石祠.JPG大将軍山頂・石祠
P1350988物見ヶ岳.JPG物見ヶ岳
P1350989高照寺山・氷室岳・銭壷山方向.JPG高照寺山・氷室岳・銭壷山方向
P1350990竜ヶ岳・琴石山方向.JPG竜ヶ岳・琴石山方向
P1350996三丘城山・高塔山・石城山.JPG三丘城山・高塔山・石城山
P1350994千坊山方向.JPG千坊山方向
P1350995虎ヶ岳・下松烏帽子岳.JPG虎ヶ岳・下松烏帽子岳

● ~遊歩道~舗装林道
登山道を戻り、遊歩道経由で赤松ヶ平をめざす。石鳥居へ下る分岐を右に過ごし直進する。遊歩道はササがやや被るところもあるが荒れは少ない。小ピークをいくつか越えながら進む。最後は往路のコースを避けて別コースで下ると林道魚切線終点標柱が立つところへ出る。
P1350999遊歩道.JPG遊歩道
P1360001.JPG遊歩道
P1360003.JPG遊歩道
P1360005.JPG遊歩道
P1360007.JPG遊歩道(別コース)
P1360008遊歩道合流点.JPG遊歩道合流点

● ~△赤松ヶ平~赤松ヶ平展望広場
左折し、緩やかな舗装林道をたどって展望広場をめざす。
P1360009舗装林道.JPG舗装林道
P1360010公社造林看板.JPG公社造林看板
P1360011道標⑧「赤松ヶ平500m」.JPG道標⑧「赤松ヶ平500m」
P1360012やすらぎ地蔵尊.JPGやすらぎ地蔵尊

林道分岐の手前にある三角点に立ち寄る。道路法面に取り付き、ササヤブの植林帯を進むとピーク上で四等三角点を見る。ササが刈られた跡があったので、これを下ると林道分岐近くの法面上で出た。
P1360015三角点取り付き.JPG法面取り付き
P1360016植林・ササヤブ.JPG植林・ササヤブ
P1360018山頂部.JPG三角点山頂部
P1360019四三角点「赤松ヶ平」.JPG四等三角点「赤松ヶ平」
P1360020下山方向・ササ.JPG下山方向・ササ
P1360021下降地点.JPG下降法面

分岐を左折し、通信施設①とトイレを左に過ごすと展望広場へ着く。広場には通信施設②が建つほか、石製の日時計や展望案内図が置かれている。北方向を除く展望が楽しめる。
P1360013分岐・道標.JPG林道分岐・道標
P1360024通信施設①・トイレ.JPG通信施設①・トイレ
P1360025通信施設②・日時計.JPG通信施設②・日時計
P1360031山頂広場.JPG展望広場
P1360027高照寺山・氷室岳・銭壷山・竜ヶ岳.JPG高照寺山・氷室岳・銭壷山・竜ヶ岳
P1360028三丘城山・琴石山・周防大島・高塔山.JPG三丘城山・琴石山・周防大島・高塔山
P1360029石城山・室津半島.JPG石城山・室津半島
P13600301千坊山・祝島・虎ヶ岳.JPG千坊山・虎ヶ岳
P1360033笠戸湾.JPG笠戸湾
P1360034太華山.JPG太華山

● ~雑木尾根~植林境尾根
帰路は南南東に派生する尾根を下る。広場直下の小伐採斜面を下るとヤブ気味の雑木尾根となる。ところどころ熊毛町の古いプラ杭が残るが、最近人が入った様子はない。
P1360040小伐採尾根.JPG小伐採斜面
P1360042雑木尾根.JPG雑木尾根
P1360043雑木疎林尾根.JPG雑木疎林尾根
P1360044古いプラ杭「熊毛町」.JPG古いプラ杭
P1360045疎林尾根.JPG疎林尾根

標高580mの支尾根分岐点から方向を確認してガレ場の斜面を下っていると、西寄りに方向を違えているのがわかり、方向を修正しながらトラバースすると植林境に出た。植林頂部から標高差10mぐらい下のところへ出たようだ。
P1360047 580m支尾根分岐点・プラポール.JPG580m支尾根分岐点・プラポール
P1360048疎林尾根.JPG疎林尾根
P1360049ガレ尾根.JPGガレ尾根
P1360051トラバース(方向修正).JPG左へトラバース(方向修正)
P1360053植林頂部.JPG植林頂部

● ~雑木尾根~植林谷~県道
アオキなど低木が交じる植林境を下ると石杭が倒れているところで植林が終わり、雑木尾根に変わる。
P1360055植林境・アオキ等ヤブ・プラポール.JPG植林境・アオキ等ヤブ・プラポール
P1360056植林境.JPG植林境
P1360057倒石杭・植林境終わる.JPG倒石杭・植林終わる
P1360058雑木疎林ヤブ.JPG雑木疎林ヤブ

470m支尾根分岐点を確認し、少し下って尾根が西方向へ向かうあたりで南へ派生する尾根へ下る。分岐の目印となるものはない。
まもなく左に植林が現われ、コン杭「熊毛町有林」を見る。少し先の鞍部から左の植林谷へ下る。
P1360059 470m支尾根分岐点.JPG470m支尾根分岐点
P1360060西尾根方向.JPG西尾根方向
P1360061雑木ヤブ南尾根.JPG雑木ヤブ南尾根
P1360062コン杭「熊毛町有林」.JPGコン杭
P1360063植林境鞍部.JPG植林境鞍部

最初踏み跡はないが、ヤブも少なく案外歩きよい。最後の谷合流点あたりから踏み跡が現われ、植林境を下っていくと県道へ出る。
P1360067植林斜面.JPG植林斜面
P1360069植林斜面・灌木交じり.JPG植林斜面・灌木が交じる
P1360071植林斜面.JPG植林斜面
P1360073植林境の谷・踏み跡.JPG植林境の谷・踏み跡
P1360075前方に県道.JPG前方に県道
P1360077県道出合い.JPG県道出合い
P1360078下山口・県道出合い(逆方向).JPG下山口・県道出合い(逆方向)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。