So-net無料ブログ作成

床並山(阿武町奈古) [県北部の山]

前回(6月18日)北麓の林道から取り付いたがまもなく道が消失し断念したので、17年前と同じく南麓の奈古側から再挑戦した。以前取り付いたところより東寄りの尾根に取り付き、踏み跡もない雑木とシダの尾根を直登。帰路は東側の411mピークまで主尾根をたどり県道へ下った。(2016.06.26)
床並山.jpg (1,2クリックで拡大)

登山口付近は県道の付け替え工事中で、休日にもかかわらず梅雨の合間の工事が進められていた。旧道へ少し入った路肩に駐車。
工事用道路が分岐するところの尾根に取り付く。入口のヤブを分けるとすぐに雑木尾根の斜面が前方に開ける。山道はおろか踏み跡もないので、雑木の間を縫いながらひたすら上方へ向かって登る。下草がないので案外歩きやすい。
P1330969取り付き.JPG取り付き
P1330970雑木疎林.JPG雑木疎林
P1330971雑木疎林.JPG雑木疎林

標高310mあたりからシダが現れるので、シダをよけたり薄いところを探しながら登る。そのうちシダが濃くなり、逃げ場がなさそうなので、やむなくシダヤブに突入する。
P1330973上方にシダが見える.JPG上方にシダが見える
P1330974シダをよけながら登る.JPGシダをよけながら登る
P1330976シダヤブ.JPGシダヤブ
P1330977シダヤブ.JPGシダヤブ

標高350mあたりで勾配が緩むとシダが薄くなり、そのうちシダがほぼ消失する。
P1330978勾配が緩くなりシダがやや薄くなる.JPGシダがやや薄くなる
P1330980シダ消失.JPGシダ消失

雑木尾根をさらに登っていくと標高450mで右からの支尾根と合流、さらに登ると標高470mで主尾根と合わさる。雑木疎林も主尾根上は明瞭な切り開きはないもののさらに歩きやすくなる。
P1330982 雑木疎林(400m).JPG雑木疎林(400m)
P1330983雑木疎林.JPG雑木疎林
P1330984 450m支尾根合流点.JPG450m支尾根合流点
P1330985平坦尾根.JPG平坦尾根
P1330986 470mピーク①.JPG470mピーク①

小さなコブをいくつか越えながら鞍部を上り返すと山頂部の一角に出て、平坦尾根を進むとあっけなく四等三角点(点名「床並」)のある山頂へ着く。三角点から5、6m離れたところには「宇、村境」と刻まれた石杭がある。雑木高木に囲まれ、展望はまったく得られない。
P1330988 470mピーク②.JPG470mピーク②
P1330990 470mピーク③.JPG470mピーク③
P1330991 460m鞍部.JPG460m鞍部
P1330992上り.JPG上り
P1330994山頂尾根.JPG山頂尾根へ出る
P1330995床並山山頂.JPG床並山山頂
P1330996四等三角点.JPG四等三角点
P1330997石杭「宇・村境」.JPG石杭「宇・村境」

主尾根を470m支尾根合流点まで戻り、そのまま主尾根を東方向へたどってみる。ところどころ倒木があるものの案外歩きやすい雑木疎林の尾根が続く。
P1330998 470m・下り.JPG470m・下り
P1330999 450m支尾根分岐点.JPG450m支尾根分岐点
P1340001雑木疎林・下り.JPG雑木疎林・下り
P1340002 430m.JPG430m付近
P1340003枯れアカマツ.JPG枯れアカマツの大木
P1340004平坦尾根.JPG平坦尾根

410m支尾根分岐点で方向を確認し南東方向の尾根を下る。
P1340005 410m支尾根分岐.JPG410m支尾根分岐
P1340006 390m支尾根分岐.JPG390m支尾根分岐
P1340007左植林境・下り.JPG左植林境・下り

370m鞍部から県道へ下ることも考えたが、道路工事の掘削で道路法面が切り立っている恐れもあることから、さらに411mピークまでめざすことにする。
P1340008 370m植林境鞍部.JPG370m植林境鞍部
P1340009植林境・上り.JPG植林境・上り
P1340010平坦雑木尾根.JPG平坦雑木尾根
P1340011 400m平坦尾根.JPG400m平坦尾根
P1340013 400m平坦尾根.JPG平坦尾根
P1340015鞍部.JPG鞍部

411mピークは変哲もない平坦尾根となっており、方向を定めて雑木斜面を東方向へ下ると鞍部へ出る。
さらに縦走は可能に思われたが、ここで県道へ下ることにする。
P1340016 411m平坦ピーク.JPG411m平坦ピーク
P1340017下り.JPG雑木斜面・下り
P1340018 390m鞍部.JPG390m鞍部

南側のスギ谷へ下り、やや歩きやすそうに思えたので途中から左の支尾根上へ出る。
P1340019スギ谷へ下る.JPGスギ谷へ下る
P1340020スギ谷.JPGスギ谷
P1340021スギ谷.JPGスギ谷
P1340022左の支尾根へ向かう.JPG左の支尾根へ向かう
P1340023支尾根へ出る.JPG支尾根へ出る

岩の間を抜け植林尾根を下っていくと、県道が見え、階段状の石組上に出て、県道へ降り立つ。
P1340024岩(逆方向).JPG岩(逆方向)
P1340025植林支尾根.JPG植林支尾根
P1340026左下に県道が見える.JPG左下に県道が見える
P1340027下降地点.JPG下降地点
P1340028下降地点(逆方向).JPG下降地点(逆方向)
P1340029下降地点付近(逆方向).JPG下降地点付近(逆方向)

工事箇所を右に見ながら駐車地へ戻る。山行中測量杭や目印のテープ類は一切見なかった。
P1340030付替え道路工事中.JPG付替え道路工事中

■山名考
防長地下上申には床並山の名は見えない。三角点の点名と同様、奈古側の字名「床並」に由来すると思われる。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。