So-net無料ブログ作成

浄天山〈蓑ヶ岳ルート〉(下関市豊浦町宇賀) [県西部の山]

随分以前に西南麓から一般コースで登っているので、今回は唐笠に登ったあと帰路に蓑ヶ岳側から取り付いてみた。
林道が標高200m付近まで延びている。尾根上にはシダ被り箇所もあるがよけながら進めば案外楽に山頂東ピークまで上がれる。
帰路は北尾根を下る。途中から防獣ネット沿いのシダ尾根となり、上りの林道へ降り立つ。(2015.10.29)
P1280448浄天山.JPG浄天山
浄天山.jpg (クリックで拡大)

小さな石仏のある路肩スペースに車を置く。当初ここから林道に入り、浄天山と306mとの鞍部あたりをめざしたが、林道から先の尾根上はシダが深そうで、この時期は避けたほうがよかろうと断念。駐車地まで戻り、その足で浄天山の北麓へ延びる林道へ向かう。
P1280449石仏.JPG石仏
P1280470道路改修紀念石碑・庚申塚・石仏.JPG石仏・庚申塚・道路改修記念碑

市道を左折し林道へ入る。ゲートを二つ通り耕地を抜けていくと、左に採土跡を過ごすあたりから谷が狭くなる。
P1280471市道分岐.JPG市道分岐
P1280473林道分岐.JPG林道分岐
P1280475未舗装林道.JPG林道
P1280477棚田跡沿いの林道.JPG前方に採土跡
P1280478谷沿い.JPG谷沿い

右奥に小溜池を見て、小伐採地を過ごすと右からの防獣ネットと出合う。
P1280479右に溜池.JPG右の溜池
P1280481スギ植林沿い.JPG小伐採地
P1280483ネット出合い.JPGネット出合い

暗渠で対岸へ移るとまもなく林道終点となる。
P1280484暗渠.JPG暗渠
P1280485林道終点.JPG林道終点

ここからネット沿いに草被りの作業道跡が続くのでそのままたどる。作業道が終わるあたりでネットは小尾根へ上がるので、ここでネットとわかれ、左の植林斜面に付いた踏み跡をたどって谷を詰める。
P1280486ネット沿いの作業道.JPGネット沿いの作業道
P1280487ネッとが小尾根上へ続く.JPG小尾根上へ続くネット
P1280488ネットと分かれて植林谷へ.JPG植林谷へ
P1280489ヒノキ植林谷を詰める.JPG植林谷を詰める

最後は急斜面をよじ登ると雑木尾根の鞍部へ出る。
P1280490斜面最上部.JPG最上部の急斜面
P1280491雑木尾根へ出る.JPG雑木尾根鞍部

右折し雑木疎林尾根を登る。すぐにシダ被りとなるがすぐに抜ける。
P1280493シダ被り.JPGシダ被り
P1280494雑木尾根.JPG雑木尾根

右に石柱を過ごすと急勾配の尾根となる。
P1280495石柱.JPG石柱
P1280496疎林尾根.JPG急勾配の尾根

シダ被りのところは右へよけながら登り、角ばった岩場を登り切ると標高310mの東ピークに着く。石柱や赤ポールを見る。東西方向へ赤いビニールテープが続いている。
P1280497シダをよける.JPGシダをよける
P1280498岩尾根.JPG岩尾根
P1280503東ピーク.JPG東ピーク
P1280500石柱・赤ポール.JPG石柱・赤ポール
P1280502鯖釣山・唐笠.JPG鯖釣山・唐笠
P1280501狗留孫山・風車.JPG狗留孫山・風車

西方向へ疎林尾根を下り、登り返すと肩部へ出て、右へ少し登ると浄天山山頂の小広場へ着く。中央に三等三角点「浄天」がある。山頂からはほぼ360度の展望が開ける。
P1280504東ピークからの下り.JPG雑木尾根下り
P1280505鞍部.JPG鞍部
P1280506雑木尾根上り.JPG雑木尾根上り
P1280507山頂手前.JPG山頂手前
P1280521浄天山山頂.JPG浄天山山頂
P1280510三角点.JPG三等三角点
P1280512鯖釣山.JPG鯖釣山
P1280514狗留孫山.JPG狗留孫山
P1280515京ヶ嶽.JPG京ヶ嶽
P1280522天狗山.JPG天狗山
P1280517竜王山.JPG六万坊山・首かたげ山・勝陣山
P1280518鬼ヶ城.JPG狩音山・鬼ヶ城
P1280519室津・小串.JPG室津・小串
P1280520蓋井島・厚島.JPG蓋井島・厚島

展望を楽しんだ後、帰路は北方向の尾根へ下ることにする。
西方向へ向かう一般ルートを少し下ると、「あと50m」の札がかかる290m尾根分岐点で北方向の支尾根へ下る。
P1280523山頂からの下り・ロープ.JPG山頂からの下り・ロープ
P1280524 300m支尾根分岐点.JPG290m支尾根分岐点
P1280525.JPG 「あと50m」

明瞭な踏み跡はないが、急勾配の疎林尾根を幹につかまりながら下る。
一旦勾配が緩みシダが深くなったので右へよけながら下ると防獣ネットと出合う。上りの際分かれたネットがここまで繋がっていると思われる。
P1280526雑木疎林尾根.JPG疎林尾根の下り
P1280528雑木尾根.JPG雑木尾根
P1280529ネット出合い(右方向).JPGネット出合い(右方向)
P1280530ネット出合い(左方向).JPGネット出合い(左方向)

左折しネット沿いに進むと鞍部へ出る。シダとヒノキ林の間に続くネットに沿って登っていくと260mピークに着く。麓の蓑ヶ岳から山を望むと、山頂の二つのピークから続く尾根上に特徴的なこの小ピークを確認することができる。
P1280531ネット・植林沿い.JPGネット・植林沿い
P1280532ネット・シダ.JPGネット沿いのシダ
P1280533 260mピーク.JPG260mピーク

ここでネットが北東方向へ変わるので、そのままネット沿いに下ることにする。
シダが深くなり急勾配の尾根を下っていく。途中展望箇所がある。
P1280534ネットは右支尾根へ.JPGネットは右支尾根方向へ
P1280546ネット沿い・シダ被り.JPGネット沿い・シダ被り
P1280547唐笠.JPG唐笠
P1280548狗留孫山.JPG狗留孫山

シダが消え、下り切るとネットが右方向へ変わるので、ネットに沿って植林を抜けると上りの際の林道へ出る。
P1280550シダが薄くなる.JPGシダが薄くなる
P1280551シダが消える・植林小尾根.JPGシダが消える
P1280552ネット折れ点.JPGネット折れ点
P1280553植林平坦地・林道.JPG植林平坦地・前方に林道
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。