So-net無料ブログ作成
検索選択

高畑山〈巡視路ルート〉(美祢市於福上、長門市渋木) [県北部の山]

前回(8月29日)は市境尾根をたどったので、今回は巡視路を利用し、美祢市側から長門市側へ越えてみた。
巡視路とは言え不明瞭なところやそま道程度のところもあり、案外手こずる。帰路は途中から中国自然歩道を歩きながら山越えした。(2015.09.05)
高畑山2.jpg (1,2クリックで拡大)
高畑山(全体図).jpg全体図

国道316号から上宗済集落へ下ったところの道路脇に駐車。国道とJRの二つの高架下をくぐりぬけて林道へ入る。
P1260786国道ガード.JPG国道・JR高架下
P1260788林道・最奥民家.JPG林道・最奥民家

先日の台風による大雨のため、土砂の堆積や浸食で林道が一部荒れている。二箇所あるコンクリート橋のところは、流木の堆積等でオーバーフローし川の流れが変わっているため渡渉する。
P1260790川沿いの荒れ林道.JPG川沿いの荒れ林道
P1260791渡渉箇所・コン橋・流木.JPG渡渉箇所
P1260792川沿いの林道.JPG川沿いの林道
P1260794コン橋・流木.JPGコン橋・流木
P1260796林道.JPG林道
P1260797林道・暗渠.JPG林道・暗渠

鉄塔の標柱を見て林道と分かれ巡視路に入る。左のスギ植林を抜けると、沢と出合う。
P1260798巡視路分岐.JPG巡視路分岐
P1260800スギ植林帯の巡視路.JPGスギ植林帯の巡視路

沢沿いに左へ少し下り、金属橋を二つ渡って植林尾根に取り付く。目印となる黄色の火の用心札もなく巡視路が分かりづらいが、右、左にトラバースして尾根上へ上がる。
P1260801金属橋①.JPG金属橋①
P1260802金属橋②.JPG金属橋②
P1260803巡視路.JPG巡視路・右へ巻く
P1260804巡視路.JPG巡視路・左へ巻く
P1260805巡視路.JPG尾根上へ上がる

右側植林沿いとなり、登り切ると300mピークで標柱と出合う。
P1260806植林境.JPG植林境
P1260807右トラバース.JPG右へ巻く
P1260808 300mピーク・標柱.JPG300mピーク・標柱

植林尾根を進み、左植林境をトラバース気味に登ると鉄塔No.41と出合う。
P1260809植林尾根.JPG植林尾根
P1260810植林境をトラバース.JPG植林境をトラバース
P1260812鉄塔No.38.JPG鉄塔No.41

植林尾根をたどると標柱とコン杭を見る。さらに登ると植林境の平坦尾根へ出る。
P1260813植林尾根.JPG植林尾根
P1260814右に450mピーク.JPG右に450mピーク
P1260815標柱・コン杭.JPG標柱・コン杭
P1260817植林境の平坦尾根.JPG植林境の平坦尾根

一旦植林と離れ、左の雑木林の中を登っていくと先日たどった鉄塔No.40に出合う。尾根上には防獣ネットが設置されている。
P1260818雑木林をトラバース.JPG雑木林をトラバース
P1260819雑木林.JPG雑木林を抜ける
P1260821 No.40鉄塔.JPG鉄塔No.40

前回未確認だったので、ネット沿いに先をたどってみると、すぐにトラバースとなり、市境尾根へ出た。前回は一旦上のピークまで戻り、市境尾根を下ったので、ネットの反対側を下ったことになる。周辺にゲートがないので、反対側へは抜けられない。
P1260822ネット.JPGネット
P1260823市境植林尾根・ネット.JPG市境植林尾根・ネット

鉄塔まで戻り、ネットのゲートをくぐり、ネット沿いに雑木尾根を進むと、高畑山山頂へ着き三等三角点(点名:「洗川」)を確認する。
P1260824防獣ネットのゲート.JPG防獣ネットのゲート
P1260825ネット沿い・雑木尾根.JPGネット沿い・雑木尾根
P1260826倒標柱.JPG倒標柱
P1260827雑木尾根.JPG雑木尾根
P1260828高畑山山頂.JPG高畑山山頂
P1260829三等三角点「洗川」.JPG三等三角点「洗川」

さらにネット沿いに雑木尾根を進むとヒノキ林と出合い、標柱を見る。右折し鉄塔No.39へ立ち寄る。
P1260830雑木尾根.JPG雑木尾根
P1260831標柱・ヒノキ植林境.JPG標柱・ヒノキ植林境
P1260832植林境.JPG植林境
P1260834 No.39鉄塔.JPG鉄塔No.39

標柱まで戻り、右折しヒノキ林境を少し進むと、ネットと分かれ、右へトラバース気味に植林境を下る。
尾根へ出て植林尾根を少し下ると左の巻き道に変わり、ヒノキ植林の支谷へ降り立つ。
P1260836巡視路分岐(右へ).JPG巡視路右へ
P1260837植林尾根.JPG植林尾根
P1260838左へトラバース.JPG左へトラバース
P1260839植林谷.JPG植林谷

植林谷を少し下ると左から支谷が合わさる。左の支谷側に標柱があり、左へ向かう。(この標柱を見落とし、そのまま谷をかなり下ってしまった)
P1260928支尾根分岐(逆方向).JPG支谷分岐
P1260927標柱⑥(逆方向).JPG標柱

植林の小尾根を巻き、二つ目のだだっ広い雑木尾根を下るようになる。
P1260926小尾根の植林境を越える.JPG小尾根を巻く
P1260925植林小谷(逆方向).JPG小谷を巻く
P1260851緩い尾根に入る.JPG緩い尾根に入る

倒木等でやや荒れておりジグザグに蛇行しながら下るので、分かりづらい。
P1260852倒木が多い.JPG倒木が多い
P1260853緩い尾根を蛇行しながら下る.JPG蛇行しながら下る

左の巻き道となり標柱を確認し、右へ下ると鉄塔No.38と出合う。堂ヶ岳が間近に見える。
P1260854トラバース.JPG左の巻き道
P1260855標柱.JPG標柱
P1260846鉄塔No.38から鉄塔No.37方向.JPG鉄塔No.38から鉄塔No.37方向
P1260847鉄塔地から堂ヶ岳.JPG鉄塔地から堂ヶ岳

巡視路に従って雑木尾根を下るとすぐに左巻き道に変わる。そま道程度となり、谷へ下り小さな沢と出合うところで炭焼窯跡を見る。
P1260856雑木尾根(鉄塔より下方).JPG雑木尾根
P1260857トラバース.JPG左の巻き道
P1260858谷出合い・炭焼窯跡.JPG炭焼窯跡
P1260859沢渡り①.JPG小沢

倒木等で道が不明瞭となり踏み跡が輻輳するため分かりづらいが、沢を渡らず、右岸側の踏み跡をたどると標柱を見る。
P1260871右岸側を下る.JPG右岸側を下る
P1260872標柱①.JPG標柱①

二つ目の標柱を過ごし、右の支谷からの沢と出合うと三つ目の標柱に出合う。
P1260873標柱②.JPG標柱②
P1260874沢出合い.JPG沢出合い
P1260875標柱③.JPG標柱③

沢沿いに少し下り金属橋を渡って、四つ目の標柱を見ると林道終点へ出る。そばに堰堤がある。
P1260876金属橋.JPG金属橋
P1260915標柱①.JPG標柱④
P1260877林道終点・堰堤①.JPG林道終点・堰堤①
P1260878堰堤(逆方向).JPG堰堤①(逆方向)

林道を下り、二つ目の堰堤を左へ過ごし、ゲートを抜けていくと県道と出合う。近くの菅原社へ立ち寄る。
P1260879コン舗装林道.JPG林道
P1260880コン張り.JPGコン張り
P1260881堰堤②.JPG堰堤②
P1260882カヤ被り林道.JPGカヤ被り林道
P1260883ゲート.JPGゲート
P1260886県道出合い(逆方向).JPG県道出合い(逆方向)
P1260887菅原社石鳥居.JPG石鳥居
P1260888菅原社.JPG菅原社
P1260889舞台.JPG舞台

帰路は途中から集落道へ入り、石柱渓との分岐で中国自然歩道を歩くようになる。
P1260891車道分岐.JPG車道分岐
P1260890石仏.JPG石仏
P1260892耕作地沿い.JPG耕作地沿い
P1260893峠.JPG
P1260895分岐.JPG分岐
P1260896自然歩道道標・標柱.JPG自然歩道道標①・標柱

平野集落を抜けゴルフ場を横断すると県道へ出る。
P1260897石碑.JPG石碑
P1260898道標.JPG道標②
P1260899道標.JPG道標③
P1260900正片麻岩道標.JPG正片麻岩道標
P1260901平野集落(逆方向).JPG平野集落(逆方向)
P1260902ゴルフ場フェンス沿い.JPGゴルフ場フェンス沿い
P1260903ゴルフ場.JPGゴルフ場
P1260905ゴルフ場を横断.JPGゴルフ場を横断
P1260906県道出合い.JPG県道出合い

通行車両の多い国道を避け、厚狭川沿いに歩き、宗済集落を通って駐車地へ戻る。
P1260907厚狭川沿い.JPG厚狭川沿い
P1260908河川沿い.JPG厚狭川沿い
P1260909五反田橋.JPG五反田橋
P1260912石仏.JPG石仏
P1260913宗済集会所.JPG宗済集会所
P1260914分岐.JPG分岐

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。